ノブがクルクル!とフロッグs

リールをドレスアップしたりチューニングしたりするのが流行っているわけですが、個人的にはあんまり興味ありません。デザイン的には純正が一番!って訳ではないけど、いまいち買う気になれず。

けど、俺が唯一拘るのはノブがクルクル回ること。

指で弾いたときに、トゥルルルル~~~~って回って欲しい。

んが、最近買った3万円オーバーのリール、ジリオンもPX68もノブは2BBじゃないんですよね。

プラスティック製カラーがついてるだけ。定価3万なんだから2BBくらいしてくれよ!って感じ。

ってことで、ノブ回転マニアな俺なので、ヘッジホッグスタジオのベアリングを買ってみました。

20110629110629__1.jpg

PX68はまぁまぁ回る感じ、ジリオンは超回る感じで超満足!!!

ちなみに、ノブの回転数が良いからって、実釣にどーこーってのは一切ありませんw

だから純正ノブも2BBじゃ無いんでしょうけど。

20110629110629__2.jpg

マイブームな5インチデスアダー。

急遽関東で使うことになった(結果的に使わず)リビット。と、それ用のフック。

キムケン愛用のフロッグ用ライン。スパイダーワイヤーステルスブレイド65lbs。

65lbsだけどかなり細くて直径は15lbs相当です。半日フロッグで使ったけど、さすがにキャスティング用は投げやすいです。吸水もすくないんで、ラインが重くなることもなくフロッグも動かしやすかった気が。

20110629110629__3.jpg

ブロンズアイのジュニアとスナプルのファット?パット?フロッグ。

ブロンズアイのはJrだけあって小さい!で、シーリングがされていないってか、フックホールに隙間があるんで、数回キャストすると浸水。雷魚釣りの時みたいに「プシュー」の必要ありw。

ファットフロッグはスナッグプルーフにしてはボディが硬めでした。柔らかすぎても引っ掛かっちゃうけど、これはちょっと硬すぎな気も。でも、軽い力で首振りしやすくて使いやすい感じでした。ペンシルでいうとスケーティングっぽいアクション?

ま、どっちもまだ釣ってませんけどw

 

ライトリグ!

この前の八郎行く前に買ったヤツ

20110624110610__1.jpg

リビットとビッフルバグ、ブロンズアイの小さいほう。ヤマモト5に今のところベストなワーム34Rの2/0

本日買った物。

20110624110610__2.jpg

この前の八郎以降、無性にライトリグがしたくなってきたんですよ。沈めるライトリグ。

フロロ3lbsで。

スピニングはPEばっかりになっちゃって、常にオラオラモード。ベイトタックルももはや16lbsが普通になってゴリ巻き秒殺オンリーw

おかげで魚をバラすことが殆ど無くなった。

反面、魚を掛けたあとの「ヤリトリ」が全く楽しめてない自分に気づいた!

魚釣りの楽しみのひとつでもありますよね。それをすっかり忘れてました。

なので、初心に戻って3lbsフロロで沈める釣りをして、あ~引く~~怖い~

ってのを味わいたくて買ってみました。

がまかつ期待の星、ワーム329。この前G社社員の方に、空気を読まずにグランワッキーマスターライトの素晴らしさを語った俺ですがw。その時、氏は「もうすぐ、うちからもスゴイのが出ますよ~」って言ってた。今思えば、それがこれなのね。

形状とポイントの鋭さ・強さも当然大事ですが、俺的には「いかに軽いか」がキーポイントのひとつです。ワッキーマスターは軽さは100点満点でポイントの弱さが玉に瑕。果たしてこのフックはどーなんでしょうか?

20110624110610__3.jpg

売るほどあったのに、去年のボート沈没事件で失ったUVスピードクロー。最近の新色はソソリますね~。ノンソルトみたいだけど、まるでハンドポワードみたいな絶妙な配色。魚より先に俺が釣れた!

20110624110610__4.jpg

そしてSPIKE-ITのワーム補修材。感想はこちら

バス釣りはカネがかかるなぁ

ってことで、またしても買い。

実はこの前買ったばっかりの中古テムジンコブラを売りました。

2回の釣りで使用し3本ほど釣ったりなんだりしましたが、思いのほかスローテーパー?ってか、ミディアムパワーなんですよねアレ。MHかと勘違い。もうちょっとファスト気味のテーパーが良かったな~って感じ。ロッドとしてはいい感じでしたが好みの問題ですね。

で、その代金で購入。

20110603100640__1.jpg

ルドラにフローティングモデルがあったんですね。今月出荷されてます。カラーは大好きなナンチャラシャッド。

そしてFC20ドンポンfor B

キロフックの1番 for カバー周りキビアダー。これって発売当時、まぁまぁ太軸に見えましたよね。ワーム300とかSUGOIフック全盛のころからしたら太めでした。その名のとおり40cmくらいのバスを釣っても(抜いても?)大丈夫ってコンセプトですよね。けど、今はハイパーとか見慣れちゃって、この針がファインワイヤーに見えるっていう。

同じようにスコーン用の」フットボールばっかり使っていると、普通のフットボールのフックの小さいこと小さいこと。慣れというものは恐ろしい。

そんなわけで最後はスタッガー・とがダークの5インチ。いつも4なので今度は5。で、スタッガー、買っても買っても八郎のボートに置いてきちゃって、いつも手元にないっていう。学習しろよオレ。


八郎に行く前日に買ったやつ

20110603010650__1.jpg

上段の3つ並んでいるジグヘッド。ノガレスモノガードジグヘッド。これ、前回成田さんにちょっと別けてもらって使ったヤツ。これがまたすごいんですよ!ってのは既に書いてるけど、本当に凄い。草にも岩にも引っかかりにくいんです。それでいてフックがやや太いんで、近年の大型化した八郎にピッタリ。同社からこれの後継的なジグヘッドが出ていますが、あれよりフックが太いんです。それで、最初からガードが付いてます。あまりにも良かったので問屋さんにオーダーして買ってみました。

その横はアメリカモノのガード付きフットボール。

中段はライブターゲットのフロッグ。ボディーの柔らかさはかなりいい感じ!けど、フックが内側を向いてるのが気になるところ。フロッグってボディーとフックの関係が悩ましいんですよね。スナッグレス効果が上がれば上がるほどフッキングも難しくなるジレンマ。

ジレンマといえばイマカツ。そしてジンクススーパープレードミニ3/8oz。初日に強風で出船見合わせで暇だったんでちょいと投げてみたんですが、もの凄いスローでも超~~~回るんですよ!立ち上がりもチョッパや。それでいて手元にはハッキリとカリカリと振動が伝わるっていう。ミニってだけあって、フックが滅茶苦茶小さいのが気になるけど。あと、なんとなくだけど、他社の3/8ozよりも若干全体の重量が軽い気が。なので早いところ1/2とか3/4モデルの登場を期待!

その横のアメリカ某社チャターベイト。もう論外ww。10キャストに2回くらいしかまともに泳ぎませんw。どーなってんの?って思ったら、スカートがブレードに絡みまくり。頭に来てスカートの上半分をカット。それでも10キャストに半分くらいしか泳ぎません。どうもスプリットリングが太すぎる感じ?まーゴミですよこんなの。この会社のスピナーベイトも着水と同時にスカートが盛大にブレードに絡んで2投でゴミ箱行き。どーかしてるぜ~

で、右端にあるのは、恐らく廃盤になったであろうジャッカルのイラプション。以前は超愛用してたけど入手困難になってしばらくはハイピッチャーに。けどやっぱり形状記憶アームのイラプションは忘れられないわ!飛行姿勢も抜群だし。そんなおり、大量に中古で発見!買い占めました。

下段はジャバロンオリジナル160。この3年ほど春にスタッガーのヘビーテキサスクランキンをやっています。何度か書いていますが、あれば敢えて重いシンカーを使ってカバーに当てながら巻くのがキモです。で、で、そーいえば、昔の黒帯で今江さんとナベちゃんが対決するやつで、ナベちゃんがジャバロンのヘビテキクランキンで爆釣したのありましたよね。たぶん、恐らく、オレがスタッガーでやっているのと同じ事なんだと思われます。プリスポーンバスにとって何か惹かれる物があるんでしょう。この前の、早明浦戦の記事で今江さんがまたその件について書いてて、あーーーそーなのか!って思ったわけです。で、スタッガーでも釣れるけど、ジャバロンはまた違ったアクションをするんで、いっぱい買ってみました。って、もうプリスポーンな時期は終わっちゃったんで来年に期待です!


    オレの買い以外の最近の投稿

    Recent entries


    年月アーカイブ