ReefMaster
リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法

Index

準備するものと成果物

  • インターネットにつながっているWindowsパソコン
  • Googleアースアプリ(無料)
  • このページの内容を実行することによってリーフマスターの「Map Boundaries(地図境界)」へ読み込ませるための湖岸線(ショアライン)や島の輪郭ファイル(KMLファイル・KMZファイル)を作ることができます。

Googleアースをパソコンにインストールする

https://www.google.co.jp/intl/ja/earth/download/ge/agree.html

上記ページからグーグルアースをダウンロードインストールします。

これを書いてる時点でのバージョンは Google Earth 7.1.7.2606です。以下の画面サンプルもそれです。

Googleアースを快適に使うための初期設定

ズームインしたときに3Dが斜めにちゃっちゃうのをやめる設定にする

湖面にズームインしていくと3Dが斜めになってめっちゃ作業しづらくなるので、その設定をオフにします。

グーグルアースを起動し画面上部の「ツール」「オプション」でオプション画面を開き「ナビゲーション」タブを開いて

ナビゲーション「ズーム中の自動斜傾を無効にする」を選んで、画面下の「適用」をクリック

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

道路・地名・建物の3D表示などを全てOFFにする

画面左メニュー下にある「レイヤ」についてるチェックを全て外します。これで余計な線や3D建物が表示されなくなります。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

湖岸線をつくりたい釣り場を表示させ撮影年を調整

マウス操作や画面左上の検索窓に湖名をいれたりして、目標の釣り場を表示させます。

サンプルなので小さい野池を例にします。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

いい塩梅の写真を表示するよう撮影年の調整

湖の場合、

  • 湖岸ギリギリまで木が生えていて長い影になってショアラインが不明瞭
  • オーバーハングがでかすぎる(それはそれでOKですが)
  • 雪で埋もれてた
  • いつも釣りに行く時期と水位が激しく違う(冬撮影にありがち)
  • いつも釣りに行く時期と桟橋や係留船の位置が全然違う

などがあったりします。ちなみに上に載せたサンプルの野池は水抜きされたいた写真もありました。それはそれで有用ですが。

グーグルアースの写真はたまに更新されていて過去の写真もみることができるので、一番いい感じにショアラインが見れるように調整します。

画面最下部の時計マーク横の年数をクリック。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

すると画面上部に年月のスライダーが表示されるので、縦線がついてる部分までドラッグして、最もいい塩梅の写真を探します。なおたびたび解像度が上がっているので新し目の画像のほうが概ねキレイです。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

以上が下準備です。ここからが本番。

グーグルアースで湖岸線を描く

画面左中央の「お気に入り」を「右クリック」、追加(A) > フォルダ

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

小窓がでてくるので名称の所に適切な名前を入れてOKをクリック。この例では「サンプルのフォルダ」というフォルダ名にしてます。

作ったフォルダ名を右クリックして「追加」 > パス

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

「Google Earth-新規パス」という小窓が表示されるので、適当な名前をいれます。そして「OK」ボタンは押さないでください

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

間違って「OK」ボタンを押しちゃったあわてんぼうさんは、もう一度画面左中央メニューの「場所」「お気に入り」の下に先程つけた名称の行があるので、それを右クリックして一番下の「プロパティ」をクリックすると小窓が復活します。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

線を見やすく設定する

「スタイル、色」のタブを開いて線の色を「ピンク」に、幅を4くらいに設定します。そして、ここでもそして「OK」ボタンは押さないでください

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

以上で下準備終わり。

この小窓は作業中にずっと画面に表示させておく謎の仕様なので、とりあえずマウスでドラッグして画面の端に追いやります。

マウスで湖岸をポチポチ押していく

池を可能な限り拡大表示します。この時、湖をクリックをしてはダメです。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

  • マウスホイールをグルグルして拡大縮小
  • キーボードの矢印キーで画面移動

以上2つが鉄則です。もしくは画面右上部のコントローラーをクリックして拡大縮小・移動します。

マウス操作は

  • 右クリックで線を書いていく
  • 左クリックで一つ前のステップに戻る

です。以下が実際に線を書いてる様子です。湖岸線の凸凹ポイントの度に右クリックしていく感じです。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

↓ここまでポチポチしてきて、あーーこれ以上左上に行けなーい、ってときはキーボードの矢印キーで地図を動かします。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

とりあえず一周ピンクの線で繋いだ状態。

ここで、さきほどどっかに追いやった小窓を戻して、ここでようやく「OK」ボタンをクリックします。

ショアラインだけの場合はこれで完成!

橋とか島も書きたい

島を追加する

画面左メニューの「サンプルのフォルダ」を右クリック > 追加 > ポリゴン

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

先ほどと同じように「Google Earth -新規ポリゴン」という小窓が表示されるので、適当な名前を入れる

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

ここで、またまた「OK」をクリックしたりエンターキーを押しちゃいそうになりますがグッとこらえて「スタイル、色」タブをクリック

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

直線(島の外郭のこと)の色をお好きな色(目立つ色)にして幅を4前後に。

範囲(島の内側のこと)の色をお好きな色にし、透過度を50%くらいにします(背景の画像が透けて見える度数)

そして、ここでもOKは押さず、小窓をどっかに追いやります。

そして先程の湖岸線と同じ要領で島の外郭をなぞっていきます。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

湖岸線は「線」でしたが、ポリゴン(多角形)を描くのでさっきとちょっと感じが変わります(閉じようとする動作をする)

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

書き終えたら小窓のOKをクリックします。

湖の中に何個も島がある場合は、上記操作を島の数だけ繰り返す必要があります。

橋を追加する

橋の追加も島と同じ手順で行います。ただひとつ違う点は「標高」というパラメータをつけることが可能です。橋は水面より少し高いので一応設定してみます。

最初に島と同じ要領で橋を書いて「OK」をクリック

左メニューの「橋」を右クリックして「プロパティ」を表示。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

「標高」タブをクリックして「地面に相対」、標高を1~2mにしてOKをクリック。あんまり高いと表示がズレます。

なお、ポリゴンを描く前に、標高の高さを設定しようと思っても出来ません。ポリゴンを書き終えたあとに設定しないとダメなようです。

なお、この標高設定がGPS魚探自体でどのように表現されるのかは知りません・・・すいません。

リーフマスターで読めるKML・KMZファイルに書き出す

画面左メニューの最初に作ったフォルダ名を右クリック >  「名前を付けて場所を保存」

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

通常はデフォルトのKMZ型式で保存すればOKです。

※KMZは人間が読めない型式(ファイルが小さい)、KMLは人間が読める型式(ファイルがちょっと大きい)という違いです。あとあと、なにか別のアプリも使う予定があるならば可搬性の高いKMLファイル保存がいいかと思います。

以上で本ページの作業は終了です。


オマケ:リーフマスターに読ませてみる

リーフマスターの操作方法は別ページで行うのでここでは結果のみです。

Import Map Boundariesを実行したら3つの境界線の読み込みに成功と表示。3つとは湖岸線・島・橋のことです。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

ちょっと橋がずれてるけど無事にリーフマスターに取り込めました。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

これだけでは寂しいのでロランスGPSにも読ませてみます。

LCMファイルで書き出してロランスELITE5エミュレーターで表示

なお、エミュレーターの場合SDカードの代わりに\Navico\Elite-5\Maps0フォルダにLCMファイルを入れると表示されます。

LCMの場合、Googleアースやリーフマスターでのカラー設定云々はスルーして、陸地・橋・島は黄土色・水面は水色で表示されます。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

AT5ファイルで書き出してロランスELITE7Tiで表示

AT5の場合、湖岸線はただの湖岸線でありそれ以上でもそれ以下でもない感じなんですかね?水面という概念は持ってなくて等深線の方に全任してる?(勉強不足でまだ解りません。)

またAT5ファイルなら、橋や島のポリゴンにカラー情報を持たせられるのかと期待したけど、そうでも無い感じ?(これを書いてる時点では解りません)。

 リーフマスターのショアライン作成のためにグーグル・アースで湖岸線を描く方法 の写真

関連ページ