Insight Genesis
GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編

Index

自分がアップロードした等深線マップや魚探映像を見てみる

サーバー側でのマップ生成処理が終わってからインサイトジェネシスにログインしてダッシュボードの中を見ると以下のようになっています。ここまでが前回までやったこと。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

アップしたログファイル(sl2やslgファイル)ごとに行がある状態。

一番左の列は湖のアイコンになっててクリックするとそのファイルがどこのエリアのものがが解るように地図が拡大されます。

FILEの列は上から

元ファイル名
GPX書き出しリンク
状態

になっています。GPX書き出しリンクをクリックすると航跡をGPXファイルをダウンロードできるようです(試してないけどウエイポイントもOKかも)。

GPXファイルは汎用性が高くいろんなアプリで流用できるGPS用のXMLデータ(テキストファイル)です。釣り人絡みでいえばリーフマスターで読めたりhttp://www.gpsvisualizer.comでKMLに変換すればグーグルアースやグーグルマップでも読めます。が、本稿とは関係ないのでスルー。

状態のところは上の図は「Public Trip - Social Map」ってなってます。ここは以下のように変わります。

Public Trip - Social Map 誰でも見れてダウンロードできる公開モード(通常の状態)
Public Trip – Under Review インサイトジェネシスの品質管理スタッフの認証待ち状態 (アップロード直後はしばらくこの表示です)
Public Trip – Not in Social Map データが変だったときは品質管理スタッフに蹴られるようです
Private Trip 自分にしか見えないモード(有料版)

一番右の「View trip」ボタンを押すといよいよ出来上がった等深線マップの画面になります。デフォルトがView Map & Sonar画面で左に衛星写真が出て元データから生成された等深線マップ・航跡が表示され、右側に魚探画面が表示されます。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

衛星写真の上にうっすらとメニューが出ていて、向き変える・拡大縮小が出来たり、Clearで全部非表示にしてからTrack(航跡)やContours(等深線)を別々に表示可能です。

魚探画面の下に再生コントロールボタン群がありいわゆるソナーログビュアーがブラウザ上でできてしまいます。リーフマスターと同じことがブラウザでできるなんて胸熱ですね。

この画面からダッシュボードに戻るには湖名下に小さくある「back」をクリック

以上がアップロードされた細切れファイルを見た話。次は細切れデータを結合する方法です。

自分が細切れにアップロードしたファイルをマージ(結合)する

次のステップは桧原湖なら桧原湖っていう感じで細切れでアップされているファイル群を一つにまとめます。

View tripの画面の上「Merge Trips」というタブをクリック。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

生成された細切れファイル群がリスト表示されます。Selete trips to mergeの下にある□Trip Titleをクリックで全部選択してから「Merge」ボタンをクリック。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

Contour Intervalは等深線の密度的なやつでとりあえずデフォルトの3。下のInclude Vegetation(ウィードマップを含む)とInclude Composition(底質情報)は有料版でよくわからんのでスルーして「Merge」ボタンをクリック。

ここからは少し時間がかかります。そしてサーバー側の処理が終わるとユーザーIDのメールアドレスに以下の感じの「完了通知メールが届きます」

INSIGHT GENESIS Notification
Insight Genesis PREMIUM successfully finished processing your merged trip to Lake Hibara.
Dashboard link: http://insightgenesis.laketrax.com/Dashboard?em=1

For a list of frequently asked questions and other training materials please visit: 
Insight Genesis FAQ

メールが届いたらダッシュボードを開きます(メールのリンクで開ける)。Merged Uploadsタブに結合された湖がでてきます。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

view tripボタンで結合済みの地図を見れます。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

なおこの画面の上のタブをざっくり補足すると

Data Offset 水位の調整
Trends

各ファイルを記録したときの日時・録画時間・水温・風・気温・天気・気圧がでてきます。後半の気象情報はどっから得てるんでしょうか?謎。なお、温度は残念ながら華氏ですね(´・ω・`)

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

Map Generation  (地図作成>次の項で説明)
Social Map 同じフィールドで公開されている他の地図

です。次はいよいよマップのダウンロードです!

他の人がアップロードしてくれた桧原湖のソーシャルマップをPCでダウンロードしてエリートTiで表示してみる

このサンプルでは桧原湖の一部を使っています(それしか手持ちの生ログファイルが無い)。けど、実は既に他の人が桧原湖のマップを公開してくれてます(-ω☆)

そう、この「他の人がアップした等深線マップで無料でダウンロードできる」コレこそがソーシャル時代に生まれたインサイトジェネシスの素晴らしい点です。もちろん互助会システムなので、頂いたら、自分のデータもアップしましょうね(-ω☆)

GoFreeソーシャルマップのトップページを開く

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

日本でもけっこうアップロードされています!ワクワクしてダウンロードしたいところですが、その前に大事な作業があります。それはGoFreeに自分のロランス魚探GPSの固有情報を登録する必要があります。

ダウンロードの前に必要な大事な作業。GoFreeに自分のロランス機を登録する

この作業には2つのIDが必要です。そのIDを知るにはロランス魚探GPS本体(と、起動=バッテリー)が必要です。自宅で起動できるケースは少ないと思われるので、ボート乗った時にIDを表示させてスマホでメモっておくと良いです。

GoFreeへ登録するのはシリアルNoとチャートのコンテントIDです。日本正規版ならジムクォーツさん発行の日本語マニュアルの後ろにシリアルナンバーは記載されてますが、たしかコンテントIDは無かったと思います。

なので本体を起動させエリートTiなら「設定」「システム」「仕様」の画面を開きます。画面左のシリアルナンバーとチャートのコンテントIDをメモリます。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

※余談ですがここのハードウエア欄に1Gバイト、512ギガバイトってありますね。これメインRAM容量でしょうかね?なぜ2つあるのかは謎。関連:LOWRANCE HDSシリーズのCPU、メモリを調べてみた

インサイトジェネシスへシリアルナンバーとコンテントIDを登録する方法

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

インサイトジェネシスのサイトにログインしてる状態でグローバルメニューの「INSIGHT GENESIS」「MY ACCOUNT」を選択。もしくはここをクリック

ACCOUNT INFO UPDATE YOUR ACCOUNT INFORMATIONっていう画面になるので、Plotter Information下にある「Add Device」をクリック。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

以下のダイアログフォームが表示されます。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

Plotter Nameは任意。自分で認識できればOK(もちろん半角英数字で)。なお複数台登録できるようです。

Serial Numer とConten Idは先程本体でメモったのを一字一句間違えないように入力。

Plotter Modelをプルダウンしてご自分の機種を選択。

最後に「Save Device」をクリック。以下のようにPlotter infomationが出ればOKです・・・・

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

OKです・・と言いたいところですが、上段のB&GVulcalには冗談のようなシリアル#とコンテントIDを入れてますが普通に登録されますw 反映されるのが一瞬だったので決して「ロランス社の製品情報マスタDBにクエリを投げて云々」的な認証処理はしてないようです(*´ω`*)

ソーシャルマップをパソコンにダウンロードしてみる

ソーシャルマップの画面を開き目的の湖にいくと水色の●アイコンがあるので、それクリック。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

Downloadをクリックすると左側にプロッタ選択プルダウンがでてくるので、

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

さっき付けた名前を選んで「Download Map」をクリック。グルグルアイコンが回って、少し経つとSocial Map genaratedってなって「Save file」 をクリック

ブラウザで指定されてるフォルダにSocialMap_xxxxxxxxx.exeというファイルがダウンロードされます。

※どこにダウンロードされたか解らない場合はGoogle Chromeならキーボード「Ctrl+J」で ダウンロード画面がでてきます。

SocialMap_xxxxxxxxx.exeをダブルクリックすると以下の5つのファイルが解凍されます。なので、ファイルがごちゃごちゃあるとこで解凍すると面倒なので、新しいフォルダを作ってその中で作業を行うかSDカードにexeファイルをコピーしてから解凍するといいでしょう。

SocialMap_xxxxxxxxx.exeから生まれる5つのファイル。

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

  • at5.xml
  • permits.txt
  • Vector_Large.at5
  • Vector_Medium.at5
  • Vector_Small.at5

at5.xmlはリーフマスターでも生成されるやつで、中を覗くとレイヤー・タグ・アルファってなってるんで、恐らくマップ構成要素の重ね合わせ順などをこのファイルでコントロールしてるのでしょう。permits.txtはその名の通りなので触れないでおきましょう。残りのベクターファイルですが、この例ではVector_~ですがプロッタによってHDS_だったりElite_だったりするらしいです。それはともかく、この5つのファイル全てをSDカードにコピーします。

いよいよロランスGPS本体にSDカードを挿入して起動!

5つのファイルがSDカードに入ってる状態でロランス機に挿入し電源を入れます。一番最初は「マップを切り替える云々」が表示されるので切り替えます。

そして!

いよいよ完成!

 GoFreeインサイトジェネシスの使い方3 ファイルの結合~PCでのダウンロード編 の写真

note:切り替えを行うとROMに入ってる大雑把な世界地図が見えなくなるようです。釣り場に居る状態なら無問題ですが、今コレを書いてる私のように、自宅でGPSを操作しつつも桧原湖を開くのは困難です。その際は一旦、「チャートのソース」をロランス標準マップにして大雑把な地図で桧原湖までスクロールしてから、自分が作ったマップに切り替えるとGoodです。

関連ページ