UNICORNパニックアタックの6作目「 I AM A LOSER」

2020-08-03   

前回書いたようにギターソロ弾けない問題は解決し「I AM A LOSER」のコピーに取り掛かりました。この曲はスピードが速い(BPM:125だけど倍のビート?)そしてサビの音はまーまー厚め。音が厚いというか同時になる楽器が多め。となるとミックスが難しい。

ベースのDAW録音はめっちゃ難しい

でも、この曲で一番難航したのはベースの録音でした。かれこれ2~3週間ベースの録音と戦いました。DAW歴2ヶ月目にして、初めて難攻不落の問題にぶち当たった感じです。いや、それまでのベース録音も今聞くと酷いもんですが、それに気づかなかった。6曲目、2ヶ月目にして、やっとベース録音の難しさに気づいてしまったわけです。

この曲、サビから始まります。その時のベースは3弦と4弦を使った割と動きのあるフレーズ。そうなると、まず問題になるのが「3弦と4弦の音量差」。どうしても4弦の音が大きく・太くなるんですよね。3弦5フレットのDから4弦3フレットのGに行くと明らかにGの音量が大きくなる。それはDAWの波形を見ればすくわかります。そしてピックのコスれ音問題も同時に発生。

更に困ったのがAメロのベース。

「ズンターン、ン、ダ、ダー」の単純な繰り返しだけど、2拍目がオクターブ上。3弦3Fと2弦5Fとか3弦5Fと1弦7Fとかのオクターブが出てきます。そうすると、やっぱりオクターブ上の音はどうしてもギラついた感じになるし、音量にも違いがでてしまう。更に、3拍目が1/16のリズムになるんで、ここはオルタネイトでピッキング。そうするとまた耳障りなノイズが発生。指で弾いたけど、やっぱりEBIがピック弾きなんで「コレジャナイ感」がすごい。

もちろん、オーディオインターフェースの前にコンプやらアンプシミュやらイコライザーやらつけたりもしたし、コンプの設定を何通りも試してみたり、ピッキングの位置・角度変えたり、ピックの厚さ変えたりDAW側のコンプやEQとも格闘しましたが、のぞみの結果にはならず・・・・

何日もトライ&エラーして、いい加減嫌になってきました。そんな中、ふとサンプルタンク4のベース音源を鳴らしてみたわけですよ。そしたら、もうびっくり!今どきのサンプル音源はめっちゃリアルなんですね。特にこの曲のAメロみたいなフレーズだと、ソフト音源でもぜんぜん違和感ない訳です。単体で聞くとさすがにバレバレだけど、他の音と一緒に鳴らせばほぼ気づかないレベル。時代の進歩に驚き!

ってことで、Aメロのベースは打ち込みにすることに。自分なりにちょっとばかりのプライドはあるんですが、そんなこと言ってたら先に進めないので苦渋の決断で打ち込みに!曲名どおり「I AM A LOSER=負け野郎」って感じ。ま、ギターソロも他の人に弾いてもらってるわけで、プライドもクソもありませんけどね。

というわけで速弾きのギターソロも前回と同じくKazuyaさんに弾いてもらってMP3を合体。だいぶ難産だったけど「I AM A LOSER」は一応完成!

でもやっぱり納得いかないのでWAVESのプラチナをポチった

そうこうしてるうちにamazon様からギフトカードが送られてきました。ブログのアフィリエイトの収入です。ってことで、DTM関係のブログやYouTubeでよく目にするWAVESってのをポチってみました。

DTMer必須の!なんてよく書かれてるやつ。とりえあえずこれがあればなんとかなる的な?むしろこれがないとどーにもならない的な?

コンプレッサーだけで何種類あるんよ!って感じでまだよくわからんのですが、これに入ってるRenaissanceシリーズが有能!

https://www.minet.jp/brand/waves/renaissance-axx/

https://www.minet.jp/brand/waves/renaissance-compressor/

コンプレッサーってすごい大事だから、何度もネットで調べているけど、いまいちよくわからんものの一つですが、WAVESのRシリースはつまみが少ないのですごい分かりやすいです。

そしてWAVESにはGTRっていうめっちゃ速そうなアンプシミュレーターが入ってて、ベース・アンプも入ってました! 

以下WAVES公式から引用

ベースアンプ

7つのベースアンプと、7つのパワフルなベースアンプ・キャビネットを持つGTR3は、ベースアンプ・モデリングの偉大なる一歩を踏み出しました。ブレのない低域とパンチのある中域、そして細やかな高域と、どんなサウンド、演奏スタイルでも、GTR3なら探し求めていたリッチなベース・トーンを得られることでしょう。ロックなボトムを持つベースが欲しくなったら、GTR3がその全てをカバーします。

ベース・キャビネット

  • Directube : Countryman® DI&V72 プリアンプ - 暖かく優雅な奥行き
  • Activator : Sadowsky® プリアンプ - 優れたレスポンスとすっきりとしたパフォーマンスに
  • SolidState : Hartke® 3500 - 丁寧に作られた、がっしりとソリッドなサウンド
  • Mo'Town : Fliptop Ampeg® B15-N真空管アンプ - デトロイト生まれの古典名曲で数限りなく使われたサウンド
  • SuperTube : Ampeg® SVT - クラシック・ロック、レゲエ、様々なスタイルに
  • Thunder : David Eden® World Tour 800 - 地面を揺らすようなサブベース
  • OverBass : Mesa/Boogie 400 - マッシブな真空管をドライブさせたトーン

ベース・アンプ

  • Bass 8 x 10" : Pro Inspired by Ampeg® SVT810AV
  • Bass 6 x 10" : Ampeg® SVT610HLF
  • Bass 15" : 60年代後半Fender® Bassman
  • Bass 15" : Fliptop Inspired by Ampeg® B15N
  • Bass E15 4 x 10" : David Eden® キャビネット
  • Bass M1516 : Mesa/Boogie® 1516

これらのコンプとアンプを組み合わせたら、まーまーいい感じのベース音になりそげ。まだまだ試行錯誤中だけど、そこそこいい感じに近づいております。プレイの腕は別として、ともかく「酷いベース音」からはちょっと脱却できそうな感じ。

なので、これを気にAメロのベースを再度録音。いや、Aメロだけ差し替えは不自然なので結局、全部とりなおし。あげく、過去に完成したHEYMAN!やSUGAR BOYとかもベース部分だけイチから録音しなおしてる今日このごろです。

というわけで6本めのI AM A LOSERも音は完成(?)してるけど、まだ動画撮ってないのでYouTubeは後で貼ります(・ω・)ノ

カテゴリ:PANIC ATTACK

オレの演り以外の最近の投稿

@title@
Windows10の部分スクショが感動的に便利

去年の暮くらいにツイッターで知って感動したWindows10の...

01月12日(火)

@title@
2021年もよろしくおねがいします

  長かった12連休も今日が最後! なんていうホワ...

01月10日()

@title@
J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 RETURNS初日に行ってきたがPAが酷かった

  そんなわけで12月26日に東京両国の国技館で開催さ...

12月27日()

@title@
すぐに温まる!寒いの嫌!なライフハックネタ

10日くらい前の寒波はすごかったです。灼熱の熊谷市ですら夜...

12月26日()

20年10月20日 桧原湖 2020年釣り納めは桧原湖の秋ジョーダン祭り!

サスがに10月下旬の桧原湖はまーまー寒かったですが、それも...

12月22日(火)

20年10月12日 琵琶湖 琵琶湖北湖の観光名所

オレが行く前日くらいまで南湖でボイルFest.が開催されてまし...

12月22日(火)

20年09月18日 榛名湖 Abnormal end

榛名湖の場合、夏に湖中央の沖に浮いてるバス達が秋の深まり...

12月22日(火)

20年09月13日 野尻湖 相手してくれるのお友達だけ

ってことでマスターズ野尻湖戦の2日めは小さい2馬力のボート...

12月22日(火)

20年09月11日 野尻湖 野尻湖でライブスコープのお勉強

ってことで、ライブスコープのことは以下に書いてます。「今...

12月22日(火)

20年09月08日 榛名湖 榛名湖でライブスコープデビュー

ってことで9月8日の釣行記を12月22日に書いてるわけなので、...

12月22日(火)