IKマルチメディアのサンプルタンク4を買ってみた

2020-08-02   

 

CubaseAI付属音源では物足りない。外部シンセも面倒・・・・

何曲か作っていくうちに不満がでてきたのがキーボード・シンセ系の音です。CubaseAIにオマケでついてるHALON Sonicは音色が少ないですからね。なので物理キーボードのKROSS2をつないで鳴らしたりしてました。

音的にはiPhoneアプリのKORG Moduleの音が好きなんですが、 KORGのplugKEY経由でiPhoneやらiPadで鳴らしてみるとレイテンシ問題が発生します。

ストリングスとかは気にならないけどピアノとかはだめ。とはいえKROSS2を毎回つなぐのも面倒だし・・・・。というわけで、おそらくDAWやる人はみんなが通る道だと思いますが音源を買うことに。

KOMPLETEといのがいいらしい

ググってみると業界標準とされる「Native Instruments/ KOMPLETE」というのをよく見ます。どこのブログみても圧倒的にKOMPLETEが一番オススメされてます。音色数に依って値段が違う4バージョンあって

お値段2.5~20万! 最上位バージョンは900GBでHDD入り!すごい!

とりあえず無料版をインストールしてみました。が、これは難しい・・・。というか、慣れないとめっちゃ分かりづらいユーザーインターフェース、、っていう印象。楽器ごとにUIが違ってて、どれも癖が強いw

ちょいちょいドイツ語っぽいのも気になります。そして、年寄りにとって一番困ったのがフォントが小さいことw

Cubaseもたいがい小さいけど、これも小さい。楽器選ぶところの文字が9ポイントくらいしかない。これは辛い!

いつかは買うかもだけど今回はパスです。

2番めにオススメされてるサンプルタンク4

とりあえずデファクトスタンダードらしいKOMPLETE買えば間違いが無いんでしょうけど上記理由でスルー。その次によく目にする音源が「サンプルタンク」っていうやつ。6000の楽器入ってる安いほうが39000円。これもなかなかおいそれと買える値段ではありません。が、しかし・・・・。

SampleTank 4 クロスグレード

IKオンラインストア価格€99.99以上の有償製品をご登録のユーザーの方がご購入いただけます。

クロスグレード版ってのが2万円台であった。あああ!

そういえばオレ、IKマルチメディア社のiRigを所有してます。もしやと思ってユーザーページにログインしたら、クロスグレード版を買える権利持ってるようです(-ω☆)

amazonギフトの残高がけっこうあったのでamazonでポチり。

サンプルタンク4のインストールは面倒

コレを買ってインストールしたの一ヶ月前なので、記憶が薄れてますが、インストールはだいぶ面倒でした。付属のUSBに入ってるマネージャーのバージョンが古くて結局ネットから最新版をインストールするはめになったり、デフォルトで音源がインストールされるパスの設定が間違ってて、音が出なかったり・・。音源ファイルのディレクトリ構造を変えたら無事に音が出たけど、エラーメッセージとか英語だし、普通の人には問題解決できないんでは?っていうくらい面倒でした。(一応、私はPC関係は得意なので)。

ユーザーインターフェースは優秀!

インストールには苦労したけどそれ以降は快適です。ユーザーインターフェースはとてもシンプルで分かりやすい。楽器のカテゴリ選んで・・・フィルタはよくわからんけど、楽器名で直感的に選べます。

ただし、音数が膨大なので好みの音にたどり着くのに時間かかります。更にシンセ系はロードに時間かかったり、ぱっとみの名前でどんな音なのかわからない。でも生楽器系は分かりやすい&探しやすいです。検索機能も便利。音もすごいリアルでいい感じ。

文字サイズも14ptくらいあって老人でも楽に読めます!

今の所、これは買ってよかった~って思っています(-ω☆)

 

カテゴリ:機材・ソフト"

オレの演り以外の最近の投稿