クラウド化するのは仕方ないけどブラウザって印刷に弱すぎる問題

2018-10-08   

クラウド化するのは仕方ないけどブラウザって印刷に弱すぎる問題

通販業務の伝票印刷で長いこと利用してきた「クロネコヤマトのB2」っていうWindowsアプリがあったんですが、今は「ヤマトのサーバー+ブラウザ」に置き換わっています。いわゆるクラウド型に。


クラウド化するのは仕方ないけどブラウザって印刷に弱すぎる問題

ヤマト運輸 送り状発行システムB2クラウド

サービスを提供する側からしたら、Windowsアプリの配布やらメンテやらのコストが嵩むから、一昔前でいう「クライアント・サーバー型」今風にいうクラウド型が適してるんでしょうね。

日本郵便の「クリックポスト」っていうのも伝票発行はブラウザで行う方式です。

いずれも最終出力は「伝票」。つまりはプリンタから「紙」への印刷。

マイクロソフトEdgeは速いけどまーまー使えないんで、結局ブラウザはGoogleChrome一択なわけですが、Chromeは印刷機能が弱い!弱すぎる!

ヤマトのB2もクリックポストも最終的にクロームの「印刷」機能を使います。で、ヤマトB2の用紙はA4、日本郵便はB6サイズ、っていう状態だと、いちいち用紙設定を変えないとダメなんですよね。プリンタを2台分けてもダメ。ヤマトから日本郵便にするときに、毎回プリンタを選択し直す必要がある。

一番いいのは「URLとプリンタ設定が関連付けされること」です。kuronekoyamato.co.jpならCanonLBPなんちゃらでA4、japanpost.jpならB6みたいな。

残念ながらGoogleクロームではそれが出来ないんです。機能拡張もちょっと探したけど見つけられず。

俺は日本有数の紙嫌いですがGoogleChrome開発陣は恐らく俺の65535倍は紙が嫌いなんだと思いますw

「今どき紙かよ」といいつつも「伝票」というアナログなものを発行する必要があるんで仕方ないわけで。今まではPCアプリでやっていたからプリンタ設定も自在だったけど、ここまで「ブラウザでやる」時代だからこそ、もっとブラウザの印刷機能は強化してほしいもんですわ。もしかして日本だけなのかな?

やむを得ず他のブラウザを入れてみた、その名もオペラ

っていう問題にぶち当たったけど問題解決できました。それは別のブラウザを入れること。Edgeはダメすぎて使えない(特に印刷はダメ)、FireFoxは起動に半日くらいかかるので無理、ってことでGoogleChromeクローンを探してみました。

クローンっていうのは、GoogleChromeの親戚・従兄弟みたいなやつです。

で、見つけたのがまさかの「オペラ」。そうネット歴長い人ならきいたことある名前だと思います。昔は独自路線だったけど、今はグロームクローンとして生まれ変わってました。

クラウド化するのは仕方ないけどブラウザって印刷に弱すぎる問題

Opera ブラウザ | 高速、安全、スマートなウェブブラウザ | Opera

ってことで、ヤマトの伝票はクロームで、日本郵便のはオペラで、っていう使い分けをすることにしました。

ってことでブラウザの伝票印刷で設定を毎回変えるのが面倒・ミスを防ぐためにはブラウザを増やすっていう手段もありますよ、っていう話でした。

カテゴリ:

UNITORO以外の最近の投稿

twitter

Recent entries

Category

Popular entries 2016

Popular entries 2015