オレも釣り

2006年04月15日()千曲川のヤマメ・FISHON鹿留

『罰ゲーム』

天気:曇り 水温:9℃手段:岸

去年の7月に行った千曲川のヤマメ釣りにまた行った。あり得ないトラブルに巻き込まれやっぱり今回も罰ゲームだったorz

命がけの罰ゲーム

金曜日の23時にStaffMからの携帯が鳴る。「じゃ2時頃迎えに行くから~」って。出発3時間前に釣行誘いの電話をする方もする方だし行く方も行く方だ。

そんなワケで速攻で家帰って準備して2時に出発。行き先は去年と一緒らしい。

釣り場

↑これ去年の写真だけどここからスタート。StaffMの同業者チーム3名が同じ場所で取材に来てて、取材陣が下流、我々は上流へ向かうことに。

StaffM(面倒なので以降M)にカラーのダメ出しをされながらも、ローライトならばコレでしょうっつー、反射が強いパニッシュのヤマメカラーを投げた。ら、呆気なく釣れた~

ヤマメ

本命ヤマメ。嬉し~。

したら取材チームが走ってきた。撮影用のバックアップ魚としてキープするらしい。

そんなワケで駐車場の目の前ですぐに釣れ、いよいよ本格的に釣り開始。Mから借りたウェーダー履いて入水し釣り歩く。入水直後Mが「今日の岩は滑るなぁ」って言った。

「今日の」がキー。水量やら水質やら色んなファクターが絡んで、岩苔の量が変わるんだって。で、オレは(バスでは)反ウェーダー派だけあってコレが2回目の挑戦なワケでして、確かに去年よりスゲー滑る。ってか、マジで滑る。脚ガクガク。寝不足のせいか?こんなにフラフラなのは。

分速3cmのスーパーヘタレなオレにたしてMはスタスタと前へ進む。マジで?なんであんなに歩ける訳?不思議。最大の難所支流のインターセクション部を横切る時にはもう限界!コエ~~~~。脚だけではとても歩けず、頭出している岩を掴みながら分速1歩で進む。岩が掴めればまだ良い方で、無いときはマジデ「流される」と思った。踏ん張っても激流に押されるんだもん。こんな事、一日続けたらゼッテー転けて流される。ライジャケ持ってくるべきだったよ。

命懸けで支流を横切り一旦岸へ上がる。

つーか、普通に濡れてないコンクリートでさえ滑る。ウェーダーってこんなもんなのかな?ふと、足の裏を見る。あれ?こんなんだっけ?フエルトついてないもん?

Mに確認したら、顔色が変わって言葉を失っていた(笑)

ツルツル

えーっと、↑これです。普通は滑り止めのフエルトが着いてます。両方ともキレイにありませんが・・・。しかもゴムならまだしも、普通の軟化プラスティックですよ。そりゃ滑るって。上陸した斜度5℃くらいのテトラでもズルズル行くんだもん。普通の靴の数倍滑る。

マシンガン自己弁護トークするMだが、ないもんは無い。滑るもんは滑る。本日の釣り終了のピンチ。

またまた命懸けでMの肩に捕まりながら支流を横断してクルマに戻る。そしたら今度はMのフエルトも外れた(笑)

外れた

更にもう片方もベロベロに剥がれてきた。

更にマシンガン自己弁護トークするMだが終わったな今日は。接着には一日掛かるらしいし、新しい買うって手もあるけどそもそも釣具屋が近所に無い、あるいは開店前。つーか、そんなにレアケースならきっと神様のお告げですよ!諦めて帰りましょうって提案するも、Mはまだまだやる気十分みたいで、クルマの横であれこれ作戦を練っている。

水辺でじっとしてられないオレは、釣りをする。したらまたまたヤマメが釣れた!15cmくらいのだけど。写真撮る前に逃亡したけど。本命2尾キャッチで満足です。

サダオ

Mもロッド持って水辺へやってきたのだが、サンダルだった(笑)。運転中はこれで釣りの時はウェーダー。つまり普通の靴すらもってないサダ男だ。

「あの、サンダルで釣りできる所あんの?」

一箇所だけあるらしいので、そこへ移動。

移動前に取材チームが釣り上がってきた。結局ノーフィッシュらしく、またまたオレがモデルに。なんかの雑誌だかに載るらしい。

移動先は足場の良い区画。点在する岩周りにミノーを通すとワンチェイス。ミスキャストで対岸の護岸にポツリとあるレイダウンにミノー落ちたらパシャっとトップに出た。魚ッケはある。そして遂にヒット!

ウグイ

ウグイさんでしたけど、他にもヤマメっぽいのがバレたりライズしてたりなんだり。

もうオレは満足っす。Mはやりたりないようだけど、つーか、貴方、サンダルは無いでしょう(笑)

ってことで今年もまた鹿留へ行くことに。

ツルツルの靴で激流横断。バラエティー番組の罰ゲームじゃないんだから。もう勘弁してほしいDEATH.

第2部FISHON鹿留

昼に鹿留へ到着。予想以上の人。いつもガラガラの駐車場が全埋まりですよ。釣りだけでなく、キャンプとかBBQとかいろいろあるからね。

まーまー混んでいる止水で釣り開始。あ、その前に、管釣り道具が無いので、甲府のフィッシャーマンに寄ってスプーン買ったりした。空いてる隙間に入って釣り開始。前回より水がだいぶ濁ってた。水温は9℃。足下のブレイクをもの凄い量の魚たちが回遊してる。しかも今までよりサイズがナイスです。

オレの横のオジさんが連発!クラピー使ってた。そしてリーリングが速い!前回のデッドスロー引きイメージのままのオレはビックリ。9℃もあると、こうも違うのね。人が多い割りには、まーまー釣れてた。

15時頃川へ行く。したらビックリ!!!いつも平日はほぼ貸し切りだけど、ひと区画に4~5人!アリエネぇ。フライのウキ釣りALLキープおっちゃんとかが大活躍。やっぱり管釣って釣り堀なのな。まるで全盛期の放流後河口湖並みの「合間キャスト」でストレス死。やってらんね。

止水へ戻った。更に人が増えてる。すげー。管釣ブーム。オレなりに前回とか結構釣れたので「管釣りマス」の腕は多少上がったと思っていたけど「管釣りの釣り」は全然ダメな事を悟った。魚相手じゃなくて人混みの中、正面にしか投げられない状況下ではまったく釣れない。普通はみんな土日しか来れないわけで、こういう状況で釣りを続ければ、微妙なレンジコントロールとかが上手くなるんだろうね。正面キャストオンリーの深い深い世界だ。しっかしみんな上手い!よく釣るな~。尊敬しちゃう。

ネコ

で、さぁ、キミ、オレの横に居座っているけど・・・。オレあんまり釣れないよ・・・

オレじゃなくて、横に居るタックルいっぱいの上手い人に・・。

行った

行った(笑)

15時を過ぎた頃、正面にいる人が一人フィーバー。長めのミノーで連発してた。スゲー。オレはそろそろ仕事メールが来る時間なので携帯でひたすらチェック。

16時に一旦仕事の為中断。車内でノートPCで仕事しながら湖見てたら、みんな大きいミノーに変わってた(笑)。そしていっぱい釣れてた。あと今日は赤系ルアーが良いみたいで、釣ってる人はみんな赤だった。

我々はイブニング券なので、とりあえず仕事のあと一旦寝る。他の人たちはいっぱい釣ってたけど、午後は結局5~6匹で終了~。「管釣り」の釣りはやっぱりまだまだ全然ダメなオレでした。

イブニングタイム

17時半頃目覚める。17時で終わる人が殆どなのでガラガラになってた。川へ行ってみる。2人しか居なかった。ラッキー!

スプーンを速めに巻いたら鬼チェイス。あんたら、早朝からルアーを100万回くらい見てるハズなのに、まだ反応するんかい!っていうくらいの反応。手持ちのルアーが限られているけど、今日も水色に好反応。

つーか、Mが寒さに耐えきれずクルマに戻っちゃった。オレ、momoヒキ2枚+防寒上下着てちょうど良いくらいだからね。サンダル+薄着のMは耐えられないようだ。

速引きはチェイスがもの凄いだけど、バイトしない。試しにトロ引きしたらチェイスは減ったけどバイトが激増。ひとときのイレグイを味わう。

イレグイ

んで、18時20分の良い感じの夕暮れ。西湖のミノータイム。ってことでミノーにしたら、ここでも好反応。楽し~。夕まずめ&貸し切りは楽しいけど、誰も居ない川はなんか怖いぞ!ってことで、止水へ戻る。

日が暮れたので照明の下へ。ガラガラなのでショアライン~ブレイクを通し放題。嬉し。ミノーでポツポツ釣れるが、なんか他にないもんか。

いつもバスでやっているミノーの3トィッチ0.5秒ポーズにしてみる。チャッチャッチャ ン チャッチャッチャ ン チャッチャッチャ ンのンでバイト激増。ほぼイレグイになった。このルアースゲー。照明の下で泳がせると、シンキングミノーだった。ポーズ中のゆっくりフォールに反応してるみたいで、試し中にも何度もバイトあり。釣りすぎでハリが終わっちゃったので、ワンダーに変えた。

したらこれもチャッチャッチャ ンで毎回バイト。ほぼ毎キャストヒットの一人舞台イレグイに。人少ない管釣り楽し~~~。っても、この誘いは午後も何回もやってて無反応だったので、この時間帯だけ有効なんでしょうか。

ワンダーもほぼ全部のフックの曲がりまくった頃、パッタリとあたりが止まった。そして、湖面の魚の気配も変わった。なんかの時合なのか?と思った5分後営業終了のアナウンス。ふーん、19時20分にナニカが変わるみたいだった。とりあえず最後の一投でも釣って、イブニングタイムは絶好調でした。たぶん40匹くらいは掛けたと思う。その間寒くてクルマで寝てたMは残念!って感じ。

照明

そんな訳で前回故障で点かなかったライトも点灯。夜は夜で楽しかったです。人少ない管釣り最高!

 

    オレも釣り以外の最近の投稿

    過去の千曲川のヤマメ・FISHON鹿留の釣り

    2006年のオレも釣り

    2015年の今頃

    2014年の今頃

    2013年の今頃

    2012年の今頃

    2011年の今頃

    2010年の今頃

    2009年の今頃

    2008年の今頃

    Archives

    Narrow by Field

    東京湾のシーバス(18) 群馬の管釣り(12) 東京湾のカワハギ(7) 茅ヶ崎のカワハギ(6) 東京湾(6) 千葉のアジング(6) 日立の一つテンヤマダイ(6) 相模湾のカワハギ(5) 久里浜のカワハギ(5) 前橋アミパ(5) 管釣りのマス(4) 東山湖(4) 内房のカワハギ(4) 室内釣堀(4) 東京湾のシイラ(3) 相模湾のシロギス(3) 腰越のカワハギ(3) 伊豆のアジング(3) 番外編(3) 群馬レジャーランド(3) 番外編:東京湾(2) 番外編:鹿留マス(2) FISHON鹿留のマス(2) FISHON鹿留(2) 東京湾のタチウオ(2) 東京湾のメバル(2) 浜名湖のシーバス(2) 福浦のホウボウ(2) 鹿島のイナダ(2) 内房勝山のカワハギ&船アオリ(2) 栃木の管釣り(2) 新潟のオフショア(2) 酒田のウルトラライトキス釣り(2) 徳島県のシーバス(2) 夏休み4(1) 太平洋(1) 番外編:桧原湖(1) 番外編:宮城の海(1) 番外編:群馬のマス (1) 番外編:カワハギ(1) 番外編:東京のマス(1) 番外編:静岡のマス(1) 番外編:東京湾ジギング(1) 番外編:カワハギin相模湾(1) 東京湾青物&シーバス(1) 東京湾のサワラ(1) 秋田のメバル(1) 山形のソイと千葉のセイゴ(1) 相模湾のカワハギ・アオリ(1) 千葉・埼玉・東京・山梨(1) 千葉富浦のカワハギ(1) 千葉岩井湾のカワハギ+α(1) 福浦のカワハギ(1) カンツリのマス(1) 管釣のマス(1) 宮城AV(1) 芦ノ湖マスと相模湾メバル(1) 丸沼(1) 東京湾のキスとメバル(1) 鹿島のイシガレイ・アイナメ(1) 相模湾ライトウィリー(1) 千曲川(1) 駿河湾のタチウオ(1) 竹岡沖のカワハギ(1) 福浦のホウボウ他(1) 鹿島のイナダ・東京湾のシーバス(1) 福浦のカワハギ・ホウボウ(1) 福浦のイナダ・ホウボウ+メバル(1) 福浦のホウボウ・甘鯛(1) 東京湾のシーバス・メバル(1) 千曲川のヤマメ・FISHON鹿留(1) 野池(1) 日本海(1) 相模湾のカツオ・メジ(1) FISHON王禅寺(1) 大原のカットウフグ・マダイラバージグ(1) 福浦のイナダ・アオリイカ(1) 内房勝山のカワハギ(1) 福浦のカワハギ・ホウボウ・アオリイカ(1) 近所の川でシーバス(1) 岩井海岸のシロギス(1) 鹿島槍ガーデン(1) 鹿島沖のイナダ(1) 福浦・東山(1) 西伊豆(1) 木戸川の鮭釣り(1) 館山湾のカワハギ(1) 野池チックな管釣り(1) 二度と行かない管釣り(1) 久里浜沖(1) 晴れ(1) 大原一つテンヤマダイ(1) 大阪湾のアジ(1) 千葉県のアジング(1) 新潟のアジング(1) 大原の一つテンヤマダイ(1) 愛媛県宇和島のロックフィッシュ(1) 愛媛県のアジング?(1) 愛媛のアジング(1) 愛媛佐田岬のアジング(1) 徳島のライトゲーム(1) 内房のカワハギ釣り(1) 鹿島のジギング(1) 茨城の一つテンヤマダイ(1) 剣崎沖のカワハギ(1) 淡路島(1) 東京湾の青物・シロギス・ベイチヌ14時間(1) 新潟のウルトラライトキス釣り(1) 久里浜沖のマダイ(1) 福浦のカワハギ釣り(1) 徳島のタチウオ釣り(1) 徳島の小物釣り(1) 酒田港周辺(1) 相模湾(1) 鹿留管理釣場(1) へらぶな(1) 某所(1) 番外編:カワハギ釣り(1) 福浦のホウボウ・カワハギ(1) 東京湾のボートシーバス(1) 徳島県(1) 淡路島のアジング(1) 淡路島のアジングII(1) 松輪のカワハギ(1) 久里浜沖のカワハギ(1) ゲーセン(1) 山形県酒田市(1) アミパ佐野店(1) 群馬レジャラン(1) 佐島のカワハギ(1) 徳島の海(1) 三重県熊野(1) 館山のカワハギ(1) 愛媛の宇和島(1) 熊野灘のシロギス釣り(1) 湯河原のホウボウ釣り(1)