オレの釣り

2017年09月19日(火)八郎潟

『9月のGo86ツアー2017 1/2』

11匹 天気:晴れのち曇り 水温:21℃気温:18~℃手段:第二トロ丸

最も苦手な9月の八郎潟!季節の変わり目だから水温推移のタイミングやらアオコの残骸による水質悪化状況などなどマイナス要素が多いこの時期。バスの居場所もよくわかんない。唯一の救いは小バスが釣れる事。とりあえず困ったら小バスに遊んでもらおうっていう魂胆で行ってきました。

過去の9月中旬のオレの釣り

てことで苦手な9月なのでオレの21年の八郎Historyの中でもかなり釣行回数が少ないんです(10月のほうが多い)。八郎潟行く前はざっくり自分の過去の釣行記を見るんですが・・・

10年前の2007年は小バスの数釣りに徹してオレの釣り史上No2の数釣り記録を樹立w

八郎潟 2007年09月21日『東日本縦断11県1700キロの旅DAY4』 REDPEPPERS+

とはいえ難しいときも多くて2012年は2日間やって両日とも3匹の撃沈・・・

八郎潟『9月のGo86ツアー2012 Day1/2』 REDPEPPERS+

思い出深いのはほぼほぼ一箇所の浚渫ピンスポットでしか釣れなかった日

八郎潟『9月のGo86ツアー2012 Day1/2』 REDPEPPERS+

そんな日もあればバイブレーションなげてればどこでも小バスが釣れた日もあったり

八郎潟『Go!八郎FES2005 autumn DAY1』 REDPEPPERS+

いずれも一番困るのは「水」でした。夏のアオコの影響が響く感じ。

減水・台風18号・連日の南西強風

てことで、自分の過去日記に目を通して、なんとなくのイメージを掴んで池ちゃんに「台風18号去ったら来週行きます。水はどーですか?」って訪ねたら「すごい減水してます。水はそんなに悪く無いです」との答え。

ここで気になったのが「すごい減水」。そう、誰よりも浅いところで釣りたいオレなので減水は痛いw デスアダーが効かない!

本当は月曜日~火曜日の予定だったけど18号直撃により火曜日~水曜日に変更。出発前に天気予報みたら2日間とも南西の風5~7m・・・終わった(´・ω・`)

東岸シャローONLY LOVEなオレなので西風は勘弁。てことで面倒くさいから2日間スピナーベイトだけ投げようとさえ思ってこんな買い物しました。

明日はスッパーになる オレの買い REDPEPPERS+

てことでタックル少なめの準備でGo86!

朝の1時間は無

ところが・・・現場に着いてみたら西寄りの強風は吹いていなくて程よい南風。道路はめっちゃ濡れてたけど空は快晴w

そして台風の影響か減水はなくて普通の水位でした。水は想像以上に悪くてアオコの影響が残っててコナコナツブツブが舞っている最悪の状況。濁りもあるんで大好きなドシャローのデス5的な釣りは無いかなー。ってことで、朝イチはバズベイト~スピナーベイトで軽く流したけどマイシャローナに生命感は皆無。一回だけボイルを見たけど概ねドシャローは沈黙の秋。

てことでジグヘッドのミドストやら中層タダ巻きにトライ。

お盆過ぎからこの釣りをやるとコバスがいっぱい釣れる、、、はず。

だけど期待のストレッチを200mほど流したけど駄目。2回ほど「ハゼ?」っていうくらい超細かい「ブルル」ていうお触りがあったのみ。八郎潟にはけっこうでかいハゼ系の魚がいるんです。メガバスのダークスリーパーみたいなサイズのが居る。

ハゼバイトのみかぁ・・・(後に正体は15cmクラスのバスだと知る)

今年も9月は撃沈かぁ・・・

などと朝の一時間で気持ちが折れかかるw

この1匹が今回のツアーの全て

で、ふと思い出したんです。先週の朝デニでレジットデザインの鬼さんが言った言葉。「とがしさん、中層~表層の釣りばっかりしてるけど、バス釣りの基本はボトムですよ」。

ん、まぁ・・・それは解っているけど釣れないんだもん(笑)

てことで、その言葉を思い出して、期待のストレッチの最後の最後でそれまで中層スイミングさせていたジグヘッドをボトムまで落としてちょっとズル引き~ポーズからの「パン」ってワームを小さく跳ねさせたら直後にスコっと丸呑みされた感触!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

まじかよまじかよ。今まで約1.5時間中層やってノーバイト、ボトム取った一投目にいきなりヒットですよ。しかも小バスよりはちょっといいサイズ。いやぁぁビックリした。

っても、まー「釣り方変えた一投目に釣れて、その後沈黙」のいつものパターンかと思ってたわけですよこの時は。

てことで「今日はボトム?」ってことでダウンショットリグを結ぶ。ジグヘッドでも良いんだけど、ワームをホイップさせた直後に食ってきたのもあって、あの動きを出しやすいのはダウンショットですからね。

バッカンを漁って目についたのがHIDEUPスタッガーワイドの2.7。初めて使うけども、どーなんでしょうかこれ。八郎潟にブルーギルは居ないけど、このサイズのタナゴはめっちゃたくさん生息しています。他にもコイ・マブナの成魚もたくさんいるからきっと小さいのもいるんでしょう。ってことでギル型ワームだけどタナゴだと思って食ってくれないかな?

などという心配は一発で吹き飛んだ!(-ω☆) ダウンショットにして2投目くらいでラインに違和感。あわせたら釣れた(-ω☆)

しかも40アップだし、なにより魚体がキレイ。釣られ傷も皆無!

この1匹を皮切りに3連発ですよ!(-ω☆)キラリ

マスバリだから1匹釣る度にワームが飛ばされちゃって、メモ代わりに手で持っってます。

3連発最後の1匹もめっちゃコンディション抜群な個体。

20分間で3匹なので、これは連発っていってもいいですよね。シビレタ。八郎最高!

ちなみに連発したところはオレなりにはB級場。ここでこんなに釣れるんだから、A級場行ったらどーなっちゃうの!ヤバイ!ワクワク!

って鼻の穴広げてたら・・・風がどんどん強くなってきた(´・ω・`) 予報通りの南西風に・・・・

やばい!ピンチ!

風強まるとボートステイもしづらくなったりで(オレのボートは軽いんでめっちゃ風に弱い)根掛かり率もアップします。リップラップにシンカーを乗せる釣りなので、ちょっとした操作ミスが根掛かり率UPに直結。っても、どっちかっていうとシンカーよりもフック(マスバリ)が岩に刺さっている感じです。ショートリーダーDSの宿命。

てことでオフセットに変えよう。

だけど懸念材料がひとつ。それは、バイトがめっちゃ不明瞭なこと。ボトムにつけてけっこう激しくシェイクしてるときに違和感感じるかラインが走る感じのバイトなのでオフセットだとそれが解らずミスるのではないか?っていう心配。

現実にw

ってことで再びマスバリに。

このサイズのバイトは明確なのでよくわかります(*´ω`*)

そんなこんなでもうライトリグは無理な感じの暴風に・・・・チーン。

秋らしく巻いてみる

風ビュービューになったので巻く釣りにシフト。けっこう腕を激しく動かしているけど、逃げないトンボ。このトンボって全国区なんですかね?オレが子供の頃に一番メジャーだったのはこのトンボ。普通に街中によく居たやつ。

ちょっと山のほうへ行くとギンヤンマ、水辺へいくとシオカラトンボ、季節限定で赤とんぼ、って感じだったけど、このトンボは長い季節普通に家の周りに居た気がする。オレの中でのデフォルトトンボw いまググったらノシメトンボっていうんですね。

とれはともかく巻いてみます。前日買ったイマカツランボルト120をキャスト。そして、ん?ええ???ん?って感じでお友達がついてたw

ワイルドサイドのグラスロッドWSC-G62Lでの初ブラックバスです!もちろんランボルトでも初ヒット!ダブル初ヒット!

クランクベイトの他、シャッド巻いたりもしたけど、なんかちょっと違うかなー。

スピナーベイトの倒れ草ウキウキパターン

エリアを変えスピナーベイトの倒れ草ウキウキパータンを試してみる。去年10月にバズベイトがハマった釣り。

八郎潟 2016年10月11日『10月のGo86ツアー2016 1/2』 REDPEPPERS+

無風~微風ならバズベイトを投げたいところだけどザブザブなので3/8スピナーベイトでトライ。これも前夜買ったジンクスミニスーパーブレイドのシェルブレードのやつ。シェルブレード版初めて使ったけど手元にくる振動がノーマルよりかなりはっきりしててかなり使いやすくなってます!カリカリ手元に来ます!

ほどなくして1匹出た!写真のバスの背中あたりに写ってる倒れ草に浮いてたやつ。

今日の傾向として1mより浅いところはお友達~30チョイ、1mより深いボトムで食わせると40アップっちゅー印象。って思ったけど、次に倒れ草で出たやつは水面大爆発!そして、びっくりするくらいのパワー!え?雷魚?って思ったけど、そうではなく・・・

60アップの和ナマズでしたw ネット入れ直前でオートリリース。雷魚の3倍くらい引きが強いんですよね和ナマズ。あれはあれで楽しい。けどヌルヌル嫌い。

しばらく流してもう一発出たけどミスバイト。

スピナーベイトの横の青い葉っぱから飛び出してきたけど駄目でした~。スピナーベイトが葉っぱ超える時倒れるからけっこう難しいんですよね~。もっとバイトが多いのならシャッドテールワームの投入(岸と直角に)もありだけど、そんなにバイトがないのでとりあえずスピナーベイトで(岸と平行に)探っています。

などなどしてたらiPhoneに「雨雲接近」の通知。あれよあれよと空が暗くなって・・・

みなみの空に雨のカーテン。やばい、こっち来てる!レインウエア積んでないんで、一旦ボート屋へ避難。

ゲリラってた。

稲刈りシーズンです。

雨雲レーダーで去ったことを確認して再出船。この頃にはほんのすこし風が弱まったのでA級ストレッチで朝のダウンショットの釣りにトライ。

結果、two friendsでした(*´ω`*) おかしいな40アップ釣れるハズだったのに(*´ω`*)

久々のバイブレーション。4年越しの目論見が・・・

八郎潟西部の南のほうにリップラップが異様に張り出してるストレッチがあるんです。どんくらいだろ?岸から15mくらい沖までの張り出しが5箇所ほど並んでるストレッチ。水深は1m未満。オレのボートだと普通にエンジンもエレキも当たっちゃう。なのでGPSプロッタにはドクロマークが並んでいます。釣れるのは解っているけど、もしそこの岩に根掛かりしても岩に当たるんでボートを寄せられない魔のエリア。だから基本そこでは釣りをしません。

このセクションを書くために翌日サイドイメージ画像を撮っておきました。コレ↓

で、ですね、このエリアにいつか頼ることになるだろうと思って4年前に格安のTDプロズバイブ107Sを大人買いしてたんですよ。ま、根掛かりしてゴミを捨てるのはよくないんですけどね(´・ω・`)

そして遂にこの日が来たわけです。全体的に広い意味でこのドクロマークエリアの水が良いことと、その周辺の水深深めのリップラップで釣れるんで。

15時近くになって曇りベースのローライトになってきたので、意を決してそのドクロ地帯へ恐る恐るボートを侵入。

したら岸スレでボイルしたような水流を発見。すかさずTDプロズバイブを岸スレに投げたら着水直後にゴン!

TDプロズバイブ107Sって着水すると平打することがあるんですよね。水面直下でヒラーンってなる。昔のTDバイブサスペンドモデルもそうでした。だから、着水直後の平打ちでけっこう釣った経験あり。今回もまさにヒラ~ンってなった直後、一回もリールを巻かずにゴン!バイブレーションの意味なし?w

岸沿いは概ね30cmチョイのお手頃サイズ。でも、このサイズは元気良すぎ。この状態でデッキ上でカツオのごとく暴れちゃった。フック2つ刺さってるから手がつけられない。慌ててストレージからフィッシュグリップを出した。

2本めは件のリップラップ張り出し地獄で。一瞬岩に半根掛かりしてグッと止まった直後にゴン!これもまた30チョイの一番元気なサイズ!めっちゃスピードのあるファイト。さっきみたいに抜き上げするとあとから大惨事になるので、今回は安全にネットですく・・

ヴァレタ・・・呆然としてたらボートが風に流されゴゴゴッゴと岩に当たるw

張り出し部はあんがいバイトが無かったので、同じエリアの岸沿いを普通に巻いてみたらまたまたヒット!けど、これもまた30チョイで暴れっぷりが半端ない。ルアーが口の中に入ってない外掛かり状態。やばいかな?って思った直後ボートっペリで激しくエラ洗いして逃げた(´・ω・`)

せっかく3匹掛けたのに1本しか水揚げできずw

てか、2本めが食ってきたタイミングやリトリーブスピードからしてバイブよりはバレにくいクランクベイトでもいいんでない?って思って投げたけど、こーゆー時ってバイブレーションしか釣れる気がしなくなるもんなんですよね~。

じゃっかん風が弱まり傾向なので、最後にドクロマークエリアにもう一度。

その数投目。

あ、ワイルドサイドのWSC-G62Lは感度が良いんです。オレ史上グラスロッドは5本か6本目だけど過去最高に感度良いです。太めのフロロライン(14~16lbs)でTN70をキャストして最初からブルブル来ます。もっといえば、14lbsフロロでFLTトランザムをフルキャストして8mボトムに沈めてもリフト時にプルプル伝わってきます。普通にカーボンロッドでやってるくらいの感覚。カーボンよりはちょっとマイルドだけど。

てことで、プロズバイブから発せられる心地よいプルプルを感じたら突如「スコっ」っと丸呑みされた感触が!

それまでの30チョイの「ゴン!」っていう向こう合わせ気味に掛かった感触とか全然違うルアーが丸呑みされた感触!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

写真とるためにリアフック外したけどランディング直後はバイブ丸呑みでした! わっちゃわっちゃとハイスピードで暴れて跳ねる30チョイ相手にグラスロッドの持ち味は生かせなかったけど、このクラスの落ち着きあるグングン横に引くタイプはグラスの安心感が半端無かった!

って言いたいけど、本当はめっちゃ興奮してかなり焦ったランディングでした(笑)

てことで出だしはダウンショットでグッドサイズが連発、最後に4年越しの作戦が成功したっていうドラマ魚が来てくれて苦手な9月としては自分なりに満足のいく一日でした。これで風がもうちょい弱かったら、せめて西風じゃなかったらもっといろいろ出来たのにな~。ま、それはやむを得ずですけどねぇ。

初日まとめ

  • 11本キャッチ。フッキングミス3回、バラシ2回(ちなみに雷魚はノーバイト)
  • 水温21度。全域でアオコの残りカス濁りあり。風下は底荒れが酷い。
  • 水位は平水。流れなし。
  • 0~1mは小バス~30cmチョイ
  • 1mちょいのボトムで40アップ
  • 沖の釣りはしてないけど、沖の釣りで釣ってくる常連さん達も最近は釣ってこないらしい。

    関連リンク 今時期の八郎潟の釣り

    オレの釣り以外の最近の投稿

    2017年のオレの釣り (計219匹)

    2016年の今頃

    2015年の今頃

    2014年の今頃

    2013年の今頃

    2012年の今頃

    2011年の今頃

    2010年の今頃

    Archives

    野バスいっぱい釣れた10

    Narrow by lake

    西湖(432) 八郎潟(259) 河口湖(158) 榛名湖(111) 琵琶湖(94) 山中湖(84) 北浦(76) 水郷(57) 野尻湖(56) 桧原湖(49) 霞ヶ浦(28) 西湖・河口湖(21) 河口湖・西湖(19) 謎の管釣り(19) 近所の川(18) 旧吉野川(15) 芦ノ湖(14) 野池(12) 利根川(12) 亀山ダム(10) 木崎湖(10) 吉羽園(10) ちょっと遠い管釣り(10) 遠い管釣り(9) 池原ダム(9) 神流湖(7) 早明浦ダム(7) 富士二湖(6) 富士五湖(6) 某所(6) 高滝湖(6) 遠賀川(6) 富士三湖(5) 茨城県(5) 常陸利根川(5) 霞ヶ浦水系(4) 近所の管釣り(4) 高滝ダム(4) キングフィッシャー(3) 牛久沼(3) 霞・北浦(3) 霞ケ浦(3) 弁慶掘(3) 亀山湖(3) 管釣り(3) 関西野池(2) まとめ(2) 韓国シンガル(2) 荒川(2) 千葉の川(2) 精進湖(2) 相模湖(2) 旭川ダム(2) 某湖(2) 青森の野池(2) 霞ヶ浦・北浦(2) 与田浦(2) 山口県野池(2) 檜原湖(2) 青森県(2) 青森野池(2) 霞水系(2) 近所の川・池(2) 七色ダム(2) シベラ湖(2) 弥栄湖(1) 芦田川(1) 東北野池(1) 夏休み1(1) 夏休み2(1) 夏休み3(1) 夏休み5(1) どっか(1) 河口・西湖(1) 桧原湖の近く(1) 水郷&シーバス(1) 富士見池(1) 豪州(1) 茨城・千葉(1) 宮城AV(1) 関東の野池(1) 西湖・シベラ湖(1) シベラ湖・西湖(1) 山中湖・シベラ湖・西湖(1) 米国野池(1) ギブソン湖(1) 水郷・西湖(1) 某川(1) 2006年まとめ(1) フィッシングパル佐野(1) 野池・漁港(1) 茨城の川(1) 近所の野池(1) 2007年のまとめ(1) 八郎潟・管釣り(1) 某管釣り(1) ちょっと近い管釣り(1) 2008年のまとめ(1) 印旛沼(1) 手賀沼・牛久沼(1) 新利根川(1) 2009年のまとめ(1) YSBEN(1) 2010年のまとめ(1) 岡山の野池(1) 旧吉野川の周りの水路(1) 2011年のまとめ(1) まぁまぁ遠い管釣り(1) 近所(1) 亀山・高滝(1) 波介川(1) 三重県の野池(1) 2012年のまとめ(1) 秋田の野池(1) 津久井湖(1) 常陸利根川周辺(1) 花畑運河(1) 東播野池(1) 加古川(1) 河口湖・山中湖(1) 茨城方面(1) レイクミード(1) 2000年のまとめ(1) 曽原湖(1) 本栖湖・西湖(1) 四国(1) 岡山(1) 水郷エリア(1) 北浦~常盤利根川(1) 北浦~常盤利根川~霞(1) 全国各地 (1) 常陸川(1) 北浦~アニキ池(1) 琵琶湖・河口湖(1) 本栖湖(1) 水温-℃(1) 宮城県~秋田県(1) 秋田県(1) 秋田県~青森県(1) 各所(1) 秋田野池(1) 青森野池~八郎潟(1) 中国無錫市梅園水産養殖場(1) 東京湾(1) 千葉の水路(1) 埼玉の野池(1) 2013年のまとめ(1) 池原ダムの下の池(1) 2014年のまとめ(1) 徳島の水路(1) 2015のまとめ(1) 2016年のまとめ(1)

    Rental boat shop

    Manufactures

    1997年からのバス釣り回数:1811回 釣った数:11254匹