Epiphone/Kazuyoshi Saito J-45 Outfit EBを買ってみた

2020-10-25   

 

アコギを買うことに(※以降アコギと連呼してますが厳密にはシールド挿せるエレアコです)

30年前に買ったトーカイのアコギをまだ持ってますが久々に弾いたら弦高高すぎネック反りすぎ。ってことで予算4万くらいでアコギを買うことに。

アコギ事情は全く知りません。アコギ=フォークソングのイメージが強い世代なので、全く眼中になかったです。でも令和時代はエレキよりアコギのほうが若い人には人気らしいです。時代は変わるもんですね。って若者のことはともかく、アコギのことは何も知らない。奥田民生をはじめプロの人達がギブソンのJ-45っていうのをよく使っているのは知ってますが、あれ現行モデルでも30万円近くする模様。

前回、アメリカ製ギターを買って「やっぱりつくりは(値段の割に)しょぼいな~」って思ってので今回は日本製を買うことに。日本のアコギといえばヤマハでね?ってことでアマゾンでググった(誤用)ら、こんなのが一番人気のようです。

ヤマハAPX600。予算ピッタリの40,260円。めったに弾かないサブのサブなのでこんくらいで十分です。

が、しかし・・・

ステイホームのおかげでギターなどの楽器がブームなんだそう。この商品も在庫切らしがち。「3日後に入荷」って書かれてたのでポチったけど発送日当日になって「入荷が送れます」のメールがアマゾンから届く。まじかよ~。

ってことでAPX600には「縁がなかった」ことにして別のアコギを物色。そこで目についたのがエピフォンの斉藤和義モデルJ-45。

斉藤和義がエピフォン・ブランドによる新シグネチャーJ-45をチェック!|特集【デジマート・マガジン】

ちょっと調べてみたら、本家ギブソンから斉藤和義さんのシグネチャーモデルとしてJ-45が2回に渡って発売されてた。でもさすがにお高くて希望小売価格¥568,700。 5万じゃなくてゴジューマン。 で、ギブソン配下のエピフォンからも廉価モデルとしてJ-45アウトフィットってのが発売される感じでした。値段差1/10!!

Explore Acoustic Models | Gibson Japan Gibson Japan

斎藤さん本人のJ-45アウトフィットのYouTubeを見たけど「色がいい!」ってしか言ってなかったような笑。音には触れず。

斉藤和義さんのことは何も知りません。ずっと好きだったを一回キーボードでコピーしたくらい。あとはRCMRのYouTubeのゲストで見るくらい。でも、J-45っていう名前に釣られてポチりました。

アマゾンアフィリ収入で買うので購入先はアマゾン一択です。で、宅配業者は佐川でした。自宅へ配送してもらったけどタイミング合わず営業所へ引き取りに。で、箱をみてびっくり!!!!

箱でかい!

あげくめっちゃ重い。

アコギだからてっきり軽量と思ったけどまさかのハードケース入り。推定10キロ後半の重さ。中型くらいの大きさのSUVで佐川営業所に行ったけどリアラゲッジに入らないw

やむを得ず後席へ寝かせて自宅駐車場まで運ぶ。

で、巨大ダンボールに取っ手無し。駐車場からマンション自室までけっこう遠いのでこれを運ぶ自信なし。仕方ないので駐車場で外側のダンボールを剥がしました。これ電車で買いに行ったら帰りに死ねるレベルで箱でかいし重いです。ま、箱は店の人が捨ててくれると思いますが念の為。で、ダンボールから出してもハードケースの時点でめっちゃ重い。前回買ったレスポールとそんな変わらぬ重さ。バンド練習で電車でこれを運ぶ、なんてシチュエーションは考えたくもないくらい重いのでご注意を!

そんなこんなでやっとこさ部屋にイン。さっそく猫が乗ってきた。

御開帳~

レスポールのケースと似た感じです。モコモコがついててネック裏の部分が箱状になってる。

で、その箱状のところに色々おまけがはいってる。

このおまけがなかなかすごい。

保証書やらマニュアルやらユーザー登録カードやらとか斉藤和義さんのカート的なやつ。

で、驚いのたのがおまけ類。

  • クロス
  • シールド
  • クリップ式チューナーとその電池
  • ケースいりのピック
  • 弦まくやつ
  • ストラップ
  • スペアの弦(12~53)

という豪華なおまけ!しかも全てEpiohoneロゴ入りです。

このギター、J-45 OutfitってなっててOutfitって「道具一式」みたいな意味らしいので、もしやこれらのおまけ類を指してアウトフィットっていう商品名なんすかね。ともかく豪華がおまけが地味に嬉しい。

あ、ハードケースにはksっていう文字が。これはおそらくKazuyoshi Saitoの略だと思われます。

本体はこんな感じ↓ アコギ知識皆無なのでなにも語りませんが。

ブリッジのようす。

そいえばアコギって3弦が巻き弦なんですよね。

中にはKazuyoshi Saito J-45の文字とシリアルナンバー。

QCインスペクト合格証。インドネシア製。

Kazuyoshi Ssaito Model

 

アコギって連呼してますが、シールド挿せるエレアコ。

このブログを書くにあたり、そーいえばピックアップはどこについてるんだろ?って思って探したら穴の裏についてました。

FISHMANって書かれてるマイクっぽいやつ。ピンぼけ失礼。穴にiPhone突っ込んて適当に撮影↓

やっぱりピンぼけ。ネックの根本付近の裏側に赤黒の配線がつながってるんで、もしやそこに電池でもはいってるのか?(←マニュアル読め)。

ぐぐってみたら上図の2つのダイヤルはトーン・ボリュームだった!

https://kcmusic.jp/artandlutherie/electronics.html

↑こんな部品が

↓こんなふうについてるみたい

やっぱり電池式なのね。

さて、肝心の音のほうはよくわかりません。良し悪しはわかりません。アコギっぽく鳴ればOK!

今後、ユニコーン曲のコピーで使います。まずは「ツイストで目を覚ませ」から。いずれ大好きな「ケダモノの嵐」でも使うことになるでしょう。

以下本家サイト(https://gibson.jp/acoustic/epiphone-kazuyoshi-saito-j-45-outfit)より引用

Epiphone Kazuyoshi Saito J-45 Outfit

圧巻の弾き語りパフォーマンスで聴衆を魅了し続けるアーティスト、斉藤和義氏。この度ギブソン・ブランズは、斉藤和義氏との10年以上に渡るコラボレーションに敬意を表し、伝説的ステータスにあるギブソンJ-45モデルをベースとしたエピフォン製“Inspired by Gibson”モデル、エピフォンKazuyoshi Saito J-45をリリースいたします。

ヴィンテージ期ギブソンのデザインを彷彿させるクリーム・ピックガード、クリーム色のチューナー・ボタンを持つウィルキンソン・ヴィンテージスタイル・チューナー、単板スプルースによるトップ材、厳選されたマホガニーによるサイド・バック材、フィッシュマン・ソニトーン™ピックアップ、「Kazuyoshi Saito」と刻まれた特製トラスロッドカヴァーなど、シグネチャーモデルならではの特別な仕様の数々が盛り込まれ、特製ハードケースが付属となります。フィニッシュには斉藤氏のシンボルカラー、エボニー色を採用。

Epiphone Kazuyoshi Saito J-45 Outfit Specifications

Body

Shape:J-45
Material:Select Mahogany
Back & Sides:Select Mahogany
Top:Solid spruce
Binding:Multi-ply

Neck

Neck:Mahogany
Profile:Round C
Nut width:1.732" / 44mm
Fingerboard:Indian Laurel
Scale length:24.724" / 628mm
Number Of Frets:20
Nut:44mm Synthetic Bone
Inlay:Bone w/ Zero Fret
Nut Width:1/4" MOP Dots

Hardware

Bridge:Reverse Belly, Indian Laurel
Tuners:Wilkinson Vintage Style 3 3 Plate; Cream button
Plating:Nickel

Electronics

Under Saddle:Fishman Sonitone™
Pickup:
Controls:Fishman Sonitone™ Soundhole

Case & SKUs

Strings:Gibson™ Phosphor Bronze Acoustic Guitar Strings .012", .016", .024"w, .032" .042", .053"
Case:Hardshell with artist logo
SKU:EEKS45EBNH3

 

カテゴリ:機材・ソフト

オレの演り以外の最近の投稿

@title@
Windows10の部分スクショが感動的に便利

去年の暮くらいにツイッターで知って感動したWindows10の...

01月12日(火)

@title@
2021年もよろしくおねがいします

  長かった12連休も今日が最後! なんていうホワ...

01月10日()

@title@
J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 RETURNS初日に行ってきたがPAが酷かった

  そんなわけで12月26日に東京両国の国技館で開催さ...

12月27日()

@title@
すぐに温まる!寒いの嫌!なライフハックネタ

10日くらい前の寒波はすごかったです。灼熱の熊谷市ですら夜...

12月26日()

20年10月20日 桧原湖 2020年釣り納めは桧原湖の秋ジョーダン祭り!

サスがに10月下旬の桧原湖はまーまー寒かったですが、それも...

12月22日(火)

20年10月12日 琵琶湖 琵琶湖北湖の観光名所

オレが行く前日くらいまで南湖でボイルFest.が開催されてまし...

12月22日(火)

20年09月18日 榛名湖 Abnormal end

榛名湖の場合、夏に湖中央の沖に浮いてるバス達が秋の深まり...

12月22日(火)

20年09月13日 野尻湖 相手してくれるのお友達だけ

ってことでマスターズ野尻湖戦の2日めは小さい2馬力のボート...

12月22日(火)

20年09月11日 野尻湖 野尻湖でライブスコープのお勉強

ってことで、ライブスコープのことは以下に書いてます。「今...

12月22日(火)

20年09月08日 榛名湖 榛名湖でライブスコープデビュー

ってことで9月8日の釣行記を12月22日に書いてるわけなので、...

12月22日(火)