シリーズ「10年以上スタメンから外れたことがないルアー」 その5:HIDEUP HU-300

2016-08-12   

ネタ切れ時のお助け企画も第5弾になりました。今回は3mダイバーのクランクベイトなHIDEUPのHU-300です。

写真は2006年当時の。

ZPxBJpZo6JA98GOd.jpg

この頃、グラスロッドは何本か持っていたけどローギアのリールは持っていなかった。なので、アメリカ製の3mダイバーとかも何個かもってたけど、巻くのがとても辛かった。巻き抵抗強すぎ~。その点、HU-300はアメリカの動きが大きいやつにくらべたら巻き抵抗は少なく心地よいプルプルで使いやすいんです。プルプルが規則正しいのも素敵。ボトムにリップが当たった時の感じがよく解ります。

んだけども、これを愛用してる最大の理由は「飛距離」というか「矢のように安定して飛ぶ飛行姿勢」、これに尽きます。もちろん飛距離も凄いです。

琵琶湖みたいに風に流されながら風下に遠投する釣りでは飛行姿勢ってそんな気になりませんが、あの釣り方はバス釣りの中でもかなり特殊な部類だと思います。基本的にはボート釣りって風に逆らって投げること多いですよね。もしくは斜め~横風を受けるキャスト。

そんな状況でもHU-300は一切姿勢を崩さず99.5%くらいは矢のように飛びます。

他のクランクでも70~80%は姿勢崩さないってのはあります。けどサミングしないでフルキャストしてて10回中2回くらい飛行途中で姿勢が崩れ・・・バックラッシュ・・・(´・ω・`) 以降・・・姿勢崩れに警戒して軽くサミングするようになって飛距離が落ちるダメダメスパイラルに・・・。っていうこともHU-300にはありません。

だから、飛行姿勢が悪い4mダイバーよりも、案外HU-300のほうが深く潜るケースもあります(*´ω`*)

更に、この前の八郎でHU-400を投げて気づいたのは、HU-300はまーまー速巻きにも対応できること。400だとバランス崩す速さも300は平気でした。だから、スピードで食わせたい時も有効。

年によって沖のクランクが全然だめだったときもあったので、毎年HU-300で釣り続けたか?って言われたらNoですけど、初夏~秋にスタメンから外れたことは一度もありません。てか、3mダイバーは選択肢が少ないってのもありますけどね(*´ω`*) 名品と名高い某FPPはどうもオレには合わないんです(´・ω・`) 

なおHU-300は動きがそんな大きくないんで、クリアレイクでも有効です。あ、てか、そもそもこれ琵琶湖産だから当然ですねw

2008年の山中湖でも一発良いの釣ったことあり。

g0nWBSRewpdB4YPa.jpg

榛名湖だと3mはちょっと中途半端なんですよね。4mは使うけど。

そんな訳でオレの中で3mダイバーといえばHU-300なのでこの先もスタメンから外れることは無いでしょう(*´ω`*)

同じ理由で弟分のHU-150も10年選手です。

EN11_rv1hY7QoLKJ.jpg


10年前シリーズおまけの一枚

uiYLMfHqrA4dmEn1.jpg

10年前まではバス以外にもいろんな釣りに行ってたなぁ。前に書いた雷魚をはじめソルトやらエリアトラウトやら。ブラックな感じのサラリーマンになって休日が普通の人の半分以下になってからはソルト関係の道具は全部売り払って今ではバス釣りだけになりました(*´ω`*)

関連エントリー

カテゴリ:釣り

UNITORO以外の最近の投稿

twitter

Recent entries

Category

Popular entries 2018

Popular entries 2017

Popular entries 2016