emailが死んだ今、一周回ってSMSが連絡手段に最適かもしんない

2018-02-16  

※SNSでなくSMSのお話です

みなさんSMS使ってますか? ショートメッセージサービスのSMSです。電話番号だけで送れる短文メール。

キャリアによってはショートメールとかCメールとか固有の呼び名があるけど一般名称としてはSMSです。

アメリカではかなり使われているらしいけど日本では他の連絡手段が多いので、スマホ時代になってからはあんまり使われなくなった印象。

でも、それは過去の話であって最近になって急速にSMS需要が高まっています。

以下に書くのはいわゆるBtoCでの話。企業から個人へ連絡するときの話です。個人対個人の話ではありません。

日本の3大キャリアのメールは糞・社会の迷惑

特に日本の3大キャリアのメールは糞仕様です。docomo.ne.jp/softbank.jp/ez-web.jpのメールは日本経済に莫大な損益を与え続けています。なぜならPCからのメールがまともに届かないから。しかもキャリアによっては不達でも送信者側になんの連絡もよこさないっていうゴミ仕様。

送ったものが届かないなんて、それがもし日本郵便の手紙とか宅配便の荷物だったら大問題になるわけです。が、docomo.ne.jp/softbank.jp/ez-web.jpなんて届かないのが当たり前。まじでラビッシュです。こんなことしてるからアメリカ・韓国企業に完全に負けちゃったんです。

などなどキャリアメールへの恨みつらみは半端ないので(仕事でめっちゃ迷惑受けてる)、このまま5万文字くらい書いても良いんですけど、そろそろやめます。

LINE・Messengerはちょっと違う

今回は「企業から個人へ連絡するときの話」なのでLINEやらメッセンジャーやらのアプリはちょっと違います。あれらは個人:個人の連絡ツールです。ビジネス向けLINEアカウントもあるしうちの会社でも導入してますが、年齢層によっては届きません。60代以上となるとちょっとキツイ。

そこで登場するのがSMS

●スマホを持ってない人でもガラケーは持っています。

●メールアドレスもってなくても電話番号は持っています。

●SNSアカウントはコロコロ変えれるけど電話番号はそーそー変わりません。

●SNSアプリを一切インストールしてなくてもSMSアプリはデフォルトで入っている。

というわけで企業から個人へ連絡するにあたって2018年現在もっとも適してると思うのがSMSです。

実際に去年末くらいから急激にSMSで連絡してくる企業が急増しています。

仮想コインアプリやSNSアプリの個人認証では以前からSMSが使われていましたが、それ以外の普通の企業で使われてきています。

HMcKKKWPwoPEndkk.jpg
↑最近ではWiMAXやJ:COMからの連絡がSMSでした。ですよね、メールなんてまともに届かないし、メールアドレスを伝えるのも大変。でもSMSなら携帯番号だけで高確率で届きますからね。

受け取る側にしても一方的な連絡事項なら電話よりSMSのほうがありがたい。

たいへんな電話連絡

で、うちの店。うちの店もそうだしどこの支店にいっても気づくのが「電話の多さ」。

店頭販売の店だけど電話してるスタッフがすごく多い。もちろんお客様から掛かってきた電話はもろ販売に直結することなので大歓迎です。

でも、店からお客さまへ「なにかを伝えるために電話を掛ける」ケースもけっこう多いんです。

釣具店の場合、多くは「予約商品やメーカー取り寄せ商品が届いたので取りに来てください」という電話です。

これが一日数回×店舗数だけあるわけです。で、うちの店の営業時間とお客さんが仕事してる時間が被ることが多いので、電話にでてもらえず何度もかけなおすこともあります。それが数百円の販売価格でも何度も電話しなければならず電話代で赤字になることもあるでしょう。

”話し合い・相談事”には電話は欠かせませんが、情報を伝えるだけならSMSで代用できるわけです。

うちの店にも導入してみるテスト。まずはSkypeで。

てことで一方的な連絡事項はSMSで送ってみようと思いテストしてみました。まずはSkypeからの送信。

うちの店では全店舗のPCにSkypeが導入されてて店舗間の連絡で使っています。Skypeではお金を払うことによってSMSも送れるようです。

「常用してるSkypeでお客さんにSMS送れるなら最高じゃん!」って喜んでテストしてみました。

クレジットカードやPayPalでとりあえず3000円入金するとSMSが送れるようになります。SkypeのメニューからSMS送信ってやって携帯電話番号を入れると送れます。一回送信につき7.5円くらいかかります。

でも、結果からいうと「ソフトバンクに送れない」でした。

何名かのスタッフにテスト送信したらドコモは問題なし、auは不明、ソフトバンクはデフォルトで「海外からのSMSは受けない」っていう設定のようです。

Skypeは発信元が海外のサーバーなのでソフトバンクSMSは拒否するみたいです。俺のiPhoneはマイソフトバンクの設定で海外SMSも受けるようにしてるので問題なしでしたが、他のソフトバンクユーザーには届かずでした。

そしてさらなる問題は「Skype側では送ったことになってる」でした。スマホからSMS送った時、相手に届いたかどうか分かりますよね?あの機能がSkypeにもあるんですが、ソフトバンクの場合、相手に届いてないのにSkype側では「送信済み」になっちゃうっていう致命傷があり断念しました。

うちの店にも導入してみるテスト。ASPを使ってみる

SMS送信でググるとそれ用のサービス会社のホームページがいくつか出てきます。その中で一社選んでWEBフォームからコンタクトとってみました。

で、本日、テストユーザーで試してみました。ブラウザからSMSを送信できるシステムです。

結果は合格!

Skypeでは届かなかったソフトバンクにもちゃんと届きました。

その会社の場合、月に500通まで8000円。

8店舗で使う予定なので電話代とスタッフの手間を考えたら全然安いです。

親ユーザー一個設定すると、その下に子ユーザーを設定できるんで、複数店舗でIDを変えてログイン可能。APIの用意もあるのでなんなら自作で送信システムを作るのも可能。なかなか良く出来てるシステムでした。

来週あたりに契約して、今月中には稼働させたいです。

SMSが一般化するといいな

ってことでSMSによる連絡がもっともっと一般化されると嬉しいです。これを読んでいるBtoC事業者のみなさんもいかがですか? 今はまだSMS連絡がそんなメジャーじゃないので「入荷したらSMSで連絡します」ってお客さんに口頭で伝えても「え?えすえむえす?なにそれ?( ゚д゚)」って言われかねない状況です。でも、いろんなお店で使われたらそんな苦労も減ると思います。

でも、一般化すると、今度は糞スパム業者がそれに目をつけてemailと同じ轍を踏みそうですが。冒頭で3大キャリアメールを糞扱いしましたが、元はと言えば糞スパム業者が元凶なんですよね。

追伸:SMSも万能ではない

到達率が高いSMSですが、2つのデメリットはあります。

(1)一通あたり12円くらいかかる
(2)基本70文字までしか送れない

です。(1)はスマホからでもなんでもそうですが、SMSは電話回線で送られる(インターネットではない)から基本的には有料です。

(2)も同一キャリア内では長文も可能だったりしますが、あれは特殊な方式を使ってたりします。本当のSMSは原則70文字までです。

 

カテゴリ:PC・スマホ・WEBネタ

UNITORO以外の最近の投稿

twitter

Recent entries

Category

Popular entries 2016

Popular entries 2015