長野県のビーナスライン&ゆるキャン聖地巡礼シリーズその3

2021-11-17  

2018年の10月に長野県のビーナスラインにドライブ行きました。

長野県のビーナスラインは最高のドライブ路だった REDPEPPERS

 

その時食べたキノコ汁が美味かった&売店で買った味噌が美味かったので、また行きたいなーとボンヤリ思いつつ3年経過。今年の秋こそ行こう!って思いつつ定休日火曜日がずっと悪天候。昨日久々に天気ヨサゲな火曜日だったので行ってきました。

今回はキノコ汁をメインとしつつもう一個目的ががあって「ゆるキャン聖地巡礼」を兼ねること。シーズン1の第4話~5話で志摩リンがビーノに乗って初めて長野県のキャンプ場に行くときあたりの話にでてくるんですビーナスライン。

てことで我々夫婦としてはかなり頑張って早起きして10時に出発。平日にも関わらず関越道・上信越道の下りは普通車で混んでました。コロナ開けてシルバー世代の皆様も一気に観光に出てる感じ。ま、俺もシルバー世代ですけどね。「じゃらんnet」でシルバー割効きますから👍

上信越道を佐久で降りて下道でビーナスラインへ向かいます。なぜか長野県に入ったとたんに曇り空になってちょっと残念。山登っていくと道路の両側に白樺の林

おお~ってテンション上がるも、これよく見ると自生してるのでなく道路の両脇に植林されてて「ビジネス白樺」な感じ😀ま、いいんですけどね。

女神湖

特にコースも目的地もハッキリ決めず適当に向かっている感じですが、だんだんと3年前の記憶が蘇ってきた。で、iPhoneのカメラロールでマップから探した3年間のこの写真。

これと同じ位置でマカンで撮ってみよう👍

概ね合ってる?

そして池ノ平ホテルの施設がすんごい白樺湖へを経由しいよいよビーナスラインへ!

またまた3年前と同じ位置で・・・

とかやっててなかなか進まない🤣

ちなみに3年前来たのは10月頭、今回11月中旬。どちらも火曜日。3年前はコロナ前ってのもあるけど、まだ秋だったので車もバイクもけっこう多かった。けど今日はさすがに11月半ばだからか3年前よりは人少なめでした。

ころぼっくるひゅって

ゆるキャン聖地巡礼本を頼りに位置関係を確認したら、志摩リンが長野に向かうとき立ち寄ってボルシチを食べた山小屋風喫茶店みたいなのが近いっぽいので向かってみました。名前は「ころぼっくるひゅって」です。

今、公式がYouTubeにドラマ版UPしてるんで貼っておきます。サムネ違うけど再生するとそのシーンになります。

ナビに従って到着したけど、え?どこにあるん?って感じ。下図にあるように

Googleマップより

「ころぼっくるひゅって」は一段高いところにあって道路・駐車場から見えないんです。階段登ってバイオトイレ群の奥にありました。

ここまでは閑散としてて、志摩リンが行ったときみたいに他の客は皆無・・って感じなのかと思ったけど

ころぼっくるひゅって

中に入ったらすんごいお客さんいっぱい!テラス席もいっぱい!志摩リンが座ってたテーブルはおじさんが一人で座ってた👍 志摩リンがボルシチ食べた時、他に客が居ないのにレジで名前を聞かれていたけども、ここの店はそういうルールのようでした。まずはレジで名前を伝えてオーダーする感じ。事前予想と違ってすごい混んでいたのでボルシチ・キャラメルマキアートはオーダーせず店をあとにしました🙇‍♂️

志摩リンがなでしこに手を降った「霧ヶ峰高原ドライブイン霧の駅」のライブカメラ

霧ヶ峰高原ドライブイン霧の駅

ドラマ版でいうこのシーンです↓サムネ違うけど再生するとそのシーンになります。

実際のライブカメラはこれ

https://live.lcv.ne.jp/cgi-bin/road/movie.php?area_id=1&camera_id=1

ドラマ版は実際のライブカメラ映像ではなく、ドラマ撮影用のカメラで撮ったやつ。だから画角が違ってて残念🤣

志摩リン目線でアニメ版にもでてくるカメラがこちらです。

次の目的地はメインイベントの峠のお茶屋でキノコ汁食べることと味噌を買うこと。

大展望台・三峰茶屋は営業してなかった

http://www.tateshina-ai.co.jp/venusline_c.html

事前に調べたら、三峰茶屋は「11月中旬まで営業」とか「11月下旬まで営業」と情報が錯綜。電話で確認したかったけど電話番号見つけられず(あとから判明したけど)。とりえずダメ元で向かってみたら・・・・

駄目でした😆

三峰茶屋入り口封鎖

さすがに11月16日は遅すぎ? 

でもですね3年前に行った時、道端のあちこちに「キノコ販売」の看板たってたけど今回全然見なかったんですよ。キノコシーズンは終わってるのかも?確かに、平地ではまだ気温が17℃とかあるけど冷静に考えると11月半ばですからね標高1600~1700のビーナスラインでは初冬ですよね。ちなみにこの日はビーナスラインで気温5℃くらいでした。

あーキノコ汁食べたかったなー。残念。

ちなみに冒頭で「長野に入ったら曇り気味」と書いたけどビーナスラインは標高高いので雲の上な感じで天気はまーまー良かったです。

雲海が見えるシーンも。富士山もちょっと見えた。

ってことで、メイン目的のキノコ汁と味噌は駄目でした🙅🏻‍♂️残念。この時点で14時前。まだ時間があるので「時間に余裕があれば」と思ってた次の目的地へ。

高ボッチ高原は小型車で行くのをおすすめ

次の目的地は志摩リンがキャンプをした「高ボッチ高原」です。ビーナスラインの近くっちゃ近くだけど諏訪湖のほうなので俺んちからかなり離れるんですよ。帰りが上信越道でなく中央道になっちゃう。オレ的には山梨県に行く感じに。でも、せっかくここまで来たんだから、ってことでまーまー遠いけど高ボッチへ向かいました。諏訪湖の横通って麓まで。そこでナビってみる。

Yahooカーナビ

ナビが指示する道を見る。え?そこ?まじで?っていうくらい細い道。今回車幅192cmのクルマ・・・🤔

Googleマップの衛星写真で拡大してみるも・・

道路が写真で見えないほど狭い?🤔

これは躊躇うわぁぁ

対向車来たら死ぬほどバック?

参りしました🙇‍♂️

引き返すのも勇気👍

途中の道から撮影した諏訪湖↓

↑これのもっと高い位置からの夜景を志摩リンがなでしこに写真送った。

なお、あとでYouTubeで見たらやっぱり高ボッチに向かう道はめっちゃ狭かったので行かなくて良かった👍👍 ルーテシアかデミオで再チャレンジだ。

142号で帰路へ

諏訪湖って言ったら中央道の側。なのでナビで家まで調べると普通に中央道で帰るコース。平日昼間の中央道コースだと河口湖までで3000円超えるんで、諏訪湖からだと5000円は超えるはず。オレ的には「キノコ汁食えず・高ボッチ行けず」なのに5000円は高い!ってことで下道で佐久へ。国道142ってのがずっと続いてた。

Googleマップより

しっかし道の駅だらけ

「道の駅」とは?って感じ。

道の駅は、日本の各地方自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省により登録された、商業施設や休憩・宿泊施設、地域振興施設等が一体となった道路施設である。1991年に実験的に始まり、1993年に正式登録された。 ウィキペディア

なるほど。

夕方になったら空気が異様に澄んできた!

浅間山もくっきり!って感じで帰宅。

次はキノコ汁ある10月に再トライ👋🏻

 

 

関連エントリー

カテゴリ:ゆるキャン△

UNITORO以外の最近の投稿

twitter

Recent entries

2021年11月もあっという間に終わる

長野県のビーナスライン&ゆるキャン聖地巡礼シリーズその3

MINIクーパーSの試乗・50肩デビュー・etc 11月1~2週の日記

オレの旅2021ファイナル あなたが思うより県境です♪ 広島県・山口県~滋賀県

fY6JuMRMjc1J2zIY.jpg

昨日の福島健

sfvZNBmcqL93gx5p.jpg

今日の福島健

一気に冬!10月18の週の日記

トヨタ・ルーミー&その仲間を知ってるか?

七色ダム戦で起きた奇跡!

オレの旅2021 三重県~和歌山県・奈良県七色ダム Day2~4/4

オレの旅2021 三重県~和歌山県・奈良県七色ダム Day1/4

hw5Mt3MU9LLaSvBP.jpg

今日の福島健

7UMua9SnoDSuTa7f.jpg

今日の福島健

自分が歳をとってびっくりした事とビンテージギター

続・ダークパターンの話とemailの話

2021年10月第1週の日記

セブンもYahoo!もダークパターン使いまくりで要らない迷惑メール送りまくり

20周年を迎えたtroutshop.jpというサイト

PEラインとフロロラインの水の抵抗の違い

画像

荒川大橋下でブラック○ス(ス○ール)は釣れるのか?

Adobe Photoshop CS2でWEBPファイルを扱う方法、他小ネタ

風は秋色♪

サイクリングとかジョギング・散歩におすすめ骨伝導ヘッドホン

Ado 夜のピエロ(TeddyLoid Remix)キャンペーン「沈むクッション」の懸賞が当たった!

オレが思う郊外型ビジネスホテルの最高峰「シーラックパル」

プロのカメラ機材は素晴らしい

オレの旅2021 福島県郡山~裏磐梯

A81tH3bP0hO0AZPF.jpg

今日の福島健

6fhhyrHRZIgphdLn.jpg

今日も福島健

b77wrmzisZ7WDLhU.jpg

今日の福島健

Category

Popular entries 2018

Popular entries 2017

Popular entries 2016