iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

2018-11-27   

某大手カレーチェーン店へ行ってきました。

スルーできないドライブスルーに衝撃をうけましたw

iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

向こう側に道はあります。でも、縁石と斜めの電柱に塞がれています。しかも注文用マイクが左にあるんで左ハンドル車じゃないクルマはバックで入る必要があるみたい。衝撃!

ま、それはいいとして。

店内へ入ったらテーブルにズラーーんとキャンペーン告知のシールが貼られていました。

そこで真っ先に目が行ったのはけやき坂48のなんとかちゃんではなく・・・

iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

↓このQRコードの小ささです。

iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

ガラケー時代に流行ったQRコードもスマホ時代で終わった、、ように思われたけど、ずっとスルーしてたアップルがQRコードリーダーをiOS11から採用したもんだから、再び復活しつつあります。

というわけで、俺も雑誌広告やステッカーなどにQRコードを作って載せるケースがここに来て急増しています。

が、ここで問題になるのがQRコードのサイズ。デザイン上、ちょっと掲載しづらいんですQRコードって。だから、なるべくは小さく載せたい。だけど、紙に印刷して自分のiPhoneで読み込みテストをすると、想像以上にiPhoneは小さいQRコードを読んでくれない。iPhoneのカメラの接写ってデフォルトでは5cmくらいが限界。だから、QRコードが小さいとピントが合わずに読めないわけです。

なので↓このサイズのQRコード見た時「え?これで読めるの?」

iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

って思ってテストしてみました。

結果・・・・

iPhoneのQRコードスキャナーは小さいのを読めない

無理でした。読めません・・・

2倍ズームだったら読めたかもしれないけど、そこまでする人もレアだと思います。アンドロイド機なら読めるのかもですが、日本では異様なシェアをもつiPhoneの標準アプリで読めないQRコードってまーまー致命傷だと思われます。

QRコードの仕様としての最小サイズは3.57mm

QRコードを開発したデンソーウェーブ社のサイトには以下の記述がありました。

QRコードの最小サイズは、0.17mm×21セルで、3.57mm程度ということになります。
VIA:https://www.qrcode.com/faq.html

QRコードの仕様としては3.57mmが最小サイズらしいです。でも、スキャナ側、この場合のiPhoneのカメラはそこまで小さいのは対応していません。

最適サイズは1.5mmか?

俺がテストした感覚では2cmあれば安心。1cmじゃキツイ。って感じでしたが、これを書くにあたって調べたら

俺もよく利用してるはんこ屋ドットコムのサイトに以下の記述がありました。

QRコードを携帯電話で読み取ることを想定し、QRコードを名刺に印刷する場合には、約15mm~30mmのサイズで作成されることをおすすめしています。

この15mmを下回ると、携帯端末によっては携帯カメラのフォーカス(焦点)を合わせることが出来ず、読み取りが出来なくなる可能性があります。 
VIA:https://www.hankoya.com/guidance/online/card_howto03.html

15ミリあればセーフのようです。

なお、QRコード専用のアプリなどではもっと小さくても読めるとか、iPhoneでもHDR使ってとかズーム云々でなどなど書かれているページもありましたが、とりあえず標準のカメラアプリを使う人が9割くらいだと思うんで、15mm以上ならiPhoneカメラでもQRコードをちゃんと読めるんだなーって感じですね。

カテゴリ:PC・スマホ・WEBネタ

UNITORO以外の最近の投稿

N/A

twitter

Recent entries

Category

Popular entries 2016

Popular entries 2015